「自動車産業戦略2014」の公表について

平成26年11月18日
中国経済産業局 地域経済部
参事官(産学官連携・産業クラスター担当)
 経済産業省では、「自動車産業戦略2014」を公表しましたので、お知らせします。
 公表内容については経済産業省ウェブサイト外部リンクをご覧ください。
  • 「自動車産業戦略2014」について(本文一部抜粋)

(4)戦略策定に向けて

 国民産業である自動車産業がこれからも発展していくことは、日本経済及び産業の発展にとって必要不可欠である。

 このため、「日本再興戦略」改訂2014(平成26年6月24日閣議決定)において、自動車産業戦略2014を策定することとされたことも受け、自動車産業に係る市場の動向及び産業の動向並びに自動車に関連する諸課題を総合的に整理分析し、我が国自動車産業に係る総合的な戦略を策定していくことが必要である。

 なお、我々はこれまでに、「次世代自動車戦略2010(平成22年4月)」(経済産業省ウェブサイト)外部リンク「日本経済の新たな成長の実現を考える自動車戦略検討会 中間とりまとめ(平成23年6月)」(経済産業省ウェブサイト)外部リンクといった、自動車産業に係る戦略を策定してきた。前者は、自動車産業を巡る外部環境の変化を踏まえ、緊急性の観点から、特に次世代自動車、中でも電気自動車やプラグイン・ハイブリッド自動車について詳細な戦略を策定した。また後者は、震災後のエネルギー問題等の環境変化を踏まえて、自動車がどのような役割を果たし、自動車産業が日本経済の新たな成長にどのように貢献できるのかを示した。

 本戦略は、これらを書き換えるものではない。「次世代自動車(乗用車)の車種別普及目標」やこれを実現する具体的施策を含め、これら戦略が提示した重要な方向性を承継しつつ、自動車産業をより幅広い観点から捉えることで、これら戦略を補強・発展させるものである。


 また、同戦略における「研究・開発・人材戦略」において、「地域に根ざした自動車部素材戦略の実行」が示され、 各地域(東北、関東、中部、近畿、中国及び九州)の自動車部素材戦略が紹介されています。


  • 各地域の自動車部素材戦略の概要(施策編一部抜粋)

(ウ)地域に根ざした自動車部素材戦略の実行

 上記(ア)及び(イ)の取組を具体化するため、各地域の特徴に応じて策定した自動車部素材戦略について、関係機関と連携しつつ実行する。【2014年度以降も引き続き実施】


各地域の自動車部素材戦略の概要(中国地域のみ抜粋)

ちゅうごく地域自動車部素材グローバル戦略

地域の自動車部素材メーカーが新製品開発、新市場開拓、多角化等を通じて持続的に発展するための源泉となる「技術」力の強化を図る。地域戦略会議等で検討された施策に基づき、事業化プロジェクト、戦略人材育成等を実施する。 (※詳細は公表内容をご確認ください。)

▲このページの先頭へ

【お問い合わせ先】
中国経済産業局 地域経済部
参事官(産学官連携・産業クラスター担当)
電話:082-224-5760