製造業における外国人従業員向け相談窓口を設置しました

令和元年7月8日

中国経済産業局 地域経済部

産業人材政策課

本年4月1日、改正出入国管理及び難民認定法が施行され、新たな在留資格として「特定技能」が創設されました。経済産業省の所管では、①素形材産業分野、②産業機械製造業分野、③電気・電子情報関連産業分野の製造3分野において、「1号特定技能外国人」の受入れ制度が開始されています。

そこで、当該分野において「特定技能1号」の在留資格を有するまたは資格取得を希望する外国人従業員の方への日常生活上の支援を行うため、全国に相談窓口を設置し、相談内容に応じた必要な情報提供等を行います。

外国人従業員向け製造業特定技能外国人相談窓口 多言語コールセンター
  • 【住所】〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-1-15  吉安神田ビル4階
  • 【電話番号】03-6743-2787
  • 【対応日時】年中無休 9時30分から17時30分
  • 【対応言語】日本語・英語・中国語・ベトナム語・インドネシア語・タイ語
全国相談窓口(対面式)
  • 【場所】宮城、千葉、愛知、大阪、京都、福岡
  • 【対応言語】
  • 日本語・英語・中国語
    ※ベトナム語・インドネシア語・タイ語に関しては3者間通話でのご案内となります。

【お問合せ先】

中国経済産業局 地域経済部

産業人材政策課

電話:082-224-5683

FAX:082-224-5765