「平成30年度地方創生に向けたスタートアップエコシステム整備促進に
関する調査事業」報告書

平成31年3月15日

中国経済産業局 総務企画部

企画調査課

中国経済産業局では、平成30年度に標記調査事業を実施し、調査報告書をまとめましたので、その内容を報告いたします。

【調査概要】

地方創生実現に向けて、人口減少により既存市場の縮小が見込まれる中、既存市場の拡大だけではなく、新たな市場開拓を目指した事業創出の重要性が高まっており、事業が連続して産まれる環境整備を目的としたエコシステム構築の取組が必要です。

近年、首都圏等を中心に直接金融を活用した新たなビジネスが産まれており、中国地域でも、地域のロールモデルとなるスタートアップが産まれ、そのようなスタートアップを創出するためのエコシステム構築に向けた取組を官民が展開しています。

このような取組を促進するため、地域でスタートアップが成長を目指すための環境の整備を目指した調査事業を実施しました。

具体的には、スタートアップやベンチャーを巡る基礎的な情報を整理し、全国(仙台、東京、愛知、京都、神戸、福岡)、中国地域内の先進的な事例をヒアリングして取りまとめました。また、地域内の企業、自治体、金融機関、大学へアンケートを実施し、スタートアップエコシステムに関する意識調査を実施しました。加えて、同分野の有識者についても意見を伺い、報告書として取りまとめております。

今後、地方創生実現に向けて、スタートアップのエコシステム整備促進を目指すにあたり、本調査結果をご活用いただければ幸いです。

【掲載資料】

「平成30年度地方創生に向けたスタートアップエコシステム整備促進に関する調査事業」

【お問合せ先】

中国経済産業局 総務企画部
企画調査課

電話:082-224-5626

FAX:082-224-5641