地震に伴う製品事故に注意
~二次災害を防ぐため平時から備えよう~

令和6年2月29日
中国経済産業局 産業部
消費経済課 製品安全室

本年1月1日に能登半島地震が発生しました。また、東日本大震災(2011年3月11日発生)からまもなく13年です。過去の震災では、地震そのものによる被害だけでなく、地震をきっかけにした製品事故も発生していることから、震災時に気を付けるポイントをお知らせします。

地震発生時及び日頃から気を付けるポイント

○揺れが収まったら、電気製品の電源を切り、電源プラグをコンセントから抜く。ブレーカーを切る(OFFにする)。

○揺れが収まったら、ガス機器の火を消す。自宅から避難する際に余裕があればガスの元栓を閉める。

○家具を固定する、暖房器具の周囲に可燃物を置かない、感震ブレーカーを取り付けるなど、地震発生時に製品事故が発生しないよう備える。

災害時に使用する製品で気を付けるポイント

【携帯発電機】

○携帯発電機は屋内では絶対に使用せず、屋外の風通しの良い場所で使用する。

【カセットこんろ/カセットボンベ】

○カセットボンベは機器に正しく装着する。

○カセットこんろ/カセットボンベの経年劣化に注意する。

○カセットこんろを覆うような大きな鍋や鉄板などは使用しない、カセットこんろを2台以上並べて使用しない。

○周囲に可燃物がある場所や狭い場所ではカセットこんろ/カセットボンベを使用しない。

復旧時に気を付けるポイント

○ブレーカーが切れていることを確認する。

○製品が損傷したり水没したりしていないか、動作に異常がないかを慎重に確認する。

事故事例など詳細は以下のリンク先をご覧下さい。

地震に伴う製品事故に注意!~二次災害を防ぐため平時から備えよう~(経済産業省ウェブサイトへ)

【このページに関するお問合せ先】

中国経済産業局 産業部

消費経済課 製品安全室

電話:082-224-5671