「めぐるさいくる、リサイクル! ~3R政策~」ページ イメージ
 
リストマーク 「3R(リデュース・リユース・リサイクル)政策」のページへ
リストマーク 「個別リサイクル法」のページへ
リストマーク 「家電リサイクルプラント見学会報告」のページへ
リストマーク 「環ッハッハinよしじま」出展報告のページへ
リストマーク 「エコ・イノベーションメッセ in ひろしま」出展報告のページへ
リストマーク 「リサイクル学習会」開催報告のページへ
 
ごみ処理場 イメージ  戦後の高度経済成長を経て、私たちの暮らしは豊かになり、たくさんのモノを作り、たくさんのモノを消費して生活するようになりました。それに伴って生まれる廃棄物も、大量に処理されるようになりました。

 しかしながら、こうした生活を続けることで、石油や金属といった鉱物資源の枯渇や、最終処分場の残余年数のひっ迫といった問題が懸念されています。
 そうした懸念無く、持続的な発展をしていくためにも、私たちはこれまでの大量生産・大量消費・大量廃棄型の社会から脱却し、循環型経済システム・循環型社会を形成していくことが必要です。

 たとえば、平成23年度の家庭から出るごみの総排出量は約4,539万トン(東京ドーム約122杯分)で、ピーク時の平成12年度5,483万トンに比べ、約17%減少しました。
 これは、法体系の拡充や、皆さまの環境意識の高まりによるもので、平成12年度をピークに減少傾向にあります。

 引き続き、3R(リデュース・リユース・リサイクル)へのご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。
大量生産・大量消費・大量廃棄社会 フロー
資源循環型社会フロー
 
▲このページの先頭へ
 
このページに関するお問い合わせ先
中国経済産業局 資源エネルギー環境部
環境・リサイクル課
電話:082-224-5676


経済産業省 中国経済産業局(METI Chugoku)
〒730-8531 広島市中区上八丁堀6番30号

Copyright © Chugoku Bureau of Economy, Trade and Industry, All Rights Reserved.