令和2年度中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業
(よろず支援拠点)の公募について

令和2年2月13日

中国経済産業局 産業部

中小企業課

1.事業概要・目的

地域の支援機関(※)と連携しながら中小企業・小規模事業者が抱える売上拡大や資金繰り等の経営課題に対して、ワンストップで対応する「よろず支援拠点(以下、「拠点」という。)」を各都道府県に整備し、中小企業・小規模事業者の活性化を図ります。

また、本事業を通じて、地域の支援機関の特徴等を把握し、支援機関・専門家等と連携体制を強化するとともに、支援機関に支援モデル・ノウハウ等を浸透させ、支援機関の能力向上を図ります。

中国経済産業局では中国5県(鳥取、島根、岡山、広島、山口)におけるよろず支援拠点の実施機関を公募します。

※※「支援機関」とは認定経営革新等支援機関、商工会議所・商工会、税理士、金融機関、地域プラットフォーム等を指す。

2.公募期間

令和2年2月13日(木曜日)から令和2年2月28日(金曜日)12時(必着)

3.応募資格

実施機関は次に掲げる要件を満たす機関とします。

  1. 法人格を有すること。
  2. 原則として、週5日以上、本事業を実施できること。
  3. 中国経済産業局、全国本部の指示に速やかに従うことができること。
  4. 中国経済産業局が選定・指名した(必要に応じて公募による選定・採択を実施)したチーフコーディネーターと密接に連携し、事業開始後速やかに事業に従事できること。
  5. チーフコーディネーター等の自主性発揮による専門的知見や能力等が最大限生かされるよう、環境を整備すること。
  6. 別紙1のとおり、情報セキュリティに関する事項を遵守すること。
  7. 中国経済産業局に設置される審査委員会での二次審査(面接審査)に参加することが可能であること(二次審査を実施する場合)。
  8. 本事業に関する委託契約を中国経済産業局との間で直接締結ができる機関であること。
  9. 中国経済産業局が提示した委託契約書に合意すること。
  10. 公序良俗に反する活動を行う等、委託先として不適切な者でないこと。
  11. 予算決算及び会計例第70条及び第71条の規定に該当しないものであること。
  12. 経済産業省所管補助金交付等の停止及び契約に係る指名停止等措置要領 (平成15・01・29会課第1号)別表第一及び第二の各号第一欄に掲げる措置要件のいずれにも該当しないこと。
4.契約条件等

【契約】

採択された機関と中国経済産業局との間で委託契約を締結することとなります。採択決定後、契約条件の協議が整い次第(チーフコーディネーターの選定・指名を含む)、速やかに委託契約を締結する予定です。

ただし、申請内容に虚偽記載等の不正が明らかになった場合は、採択の取り消し、又は契約解除等を行う場合があります。なお、再委託を行うことはできません。

【契約期間】

委託契約期間は単年度とし、具体的な契約期間は原則として契約書に定める事業開始日から、令和3年3月31日とします。

【予算規模】

公募要領に記載。

5.採択件数

中国地域の各県(鳥取、島根、岡山、広島、山口)につき、1機関とします。

6.応募書類等
7.提出書類送付先

〒730-8531 広島市中区上八丁堀6番30号 中国経済産業局産業部中小企業課

8.公募説明会
  • 【日時】
  • 令和2年2月18日(火曜日) 15時30分から16時30分
  • 【場所】
  • 広島合同庁舎 2号館2階 中国経済産業局第4会議室
    (広島県広島市中区上八丁堀6番30号)

※ 参加を希望される方は、2月17日(月曜日)17時までに、申込用紙に必要事項を記入のうえ、FAXにて事前登録をお願いします。

【お問合せ先】

中国経済産業局 産業部
中小企業課(担当:佐藤・宮本)

電話:082-224-5661

FAX:082-224-5643