シリーズ│製品安全情報

キャンプ用品の事故

nite ナイト 独立行政法人 製品評価技術基盤機構

NITEに集約される製品安全に関する情報

製品評価技術基盤機構(NITE)では、NITEに集約される製品安全に関する情報を製品事故の未然・再発防止の観点から、製品安全情報マガジン(PSマガジン)によってタイムリーに提供しています。

近年はキャンプが人気を博しています。特に今年は新型コロナウイルスにより、自宅で過ごしながら楽しむ工夫として、屋内やベランダなどでキャンプ気分を味わう”おうちキャンプ”が注目されています。

しかしキャンプに使用される製品の取り扱いを間違えると火災や重篤なけがを負うおそれがあります。今回はキャンプ用品の事故をご紹介します。

  • 事例1
  • ベランダでカートリッジガスこんろを使用中、ガスカートリッジ付近から発煙した。

使用者がこんろの器具栓つまみを無理に回すなどの操作を行ったため、ガスカートリッジ接続部が破損した。破損した接続部にガスカートリッジを無理に取り付けようとしたことでガスが漏れ、滞留したガスにバーナーの炎が引火したものと考えられる。

事例1の画像
  • 事例2
  • カートリッジガスこんろを使用中、破裂し火災が発生した。

使用者がカートリッジガスこんろをれんがで囲った状態で使用したため、囲まれた空間の温度が上昇し、カセットボンベが加熱されて内圧が上昇し、破裂に至ったものと考えられる

事例2の画像
  • 事例3
  • 物置小屋で携帯発電機を使用していたところ、一酸化炭素中毒で1名が死亡した。

十分な換気を行えない屋内で携帯発電機を使用したため、排気ガスにより屋内の一酸化炭素濃度が上昇し、一酸化炭素中毒に至ったものと考えられる。なお、本体及び取扱説明書には、「排気ガス中毒のおそれがあるため、屋内など換気の悪い場所で使用しない。」旨、記載されている。

事例3の画像

【事例1の注意事項】

ガス機器にガスカートリッジを装着する場合は、取り付け部分が歪んでいないか、汚れなどが付着していないかを確認してください。また、取扱説明書の指示に従って正しく装着してください。装着を誤った状態で使用すると、ガスが漏れて火災に至るおそれがあります。装着後に異音や異臭などが生じた場合は、ガスが漏れているおそれがありますので、直ちに使用を中止してください。

 

【事例2の注意事項】

こんろの周囲を囲うような使い方はしないでください。壁や鉄板からの放射熱でガスカートリッジが加熱され、プラスチック製バルブが溶けることによるガス漏れや内圧上昇によりガスカートリッジが破裂するおそれがあります。風よけなどを立てる場合は、こんろから15cm以上は離し、一方向のみに立てるようにしてください。

 

【事例3の注意事項】

携帯発電機は発電を行う際に一酸化炭素を含むガスを排出します。換気が不十分な場合、一酸化炭素中毒が生じるおそれがあります。一酸化炭素中毒は死亡事故や重篤な障害に至るため、風通しの悪い場所や室内で使用しないでください。

  • その他の事故事例は、「事故情報の検索」で「キャンプ」、「こんろ」等をキーワードに検索していただけます。

記事一覧に戻る

経済産業省 中国経済産業局 電子広報誌

ちゅうごく地域ナビ 2020年11月20日掲載

Copyright 2020 Chugoku Bureau of Economy,Trade and Industry.

ページの先頭へ戻る