「巡回特許庁inひろしま」の開催について

平成28年8月19日

中国経済産業局 地域経済部

産業技術連携課 特許室

 特許庁及び中国経済産業局は、地域のユーザーに知財制度や特許庁の支援策をより効果的に活用していただくために、「巡回特許庁 in ひろしま」を開催します。

  • 【期間】 平成28年8月29日(月)~8月31日(水)[3日間]
  • 【主催】 特許庁、中国経済産業局
  • 【共催】 (独)工業所有権情報・研修館(INPIT)
  • <開催概要>

     中国地域で初めて実施する「巡回特許庁 in ひろしま」では、知財をより活用したい企業等を対象に、「下町ロケット」に登場する弁護士のモデルとなった鮫島正洋弁護士・弁理士を招いた知財活用セミナー、経験豊かな審判長による模擬審判廷での口頭審理の実演・テレビ面接審査のデモンストレーションなどを実施します。

     そのほか、「カワいいモノ研究会」や中国地域の地域団体商標など知財関連のパネル展示や、初心者向け知的財産権制度説明会といった様々なイベントを同時に開催しますので、今まで知財と接点がなかったという皆様もお気軽に参加いただける内容となっています。

     詳細・参加申込については以下の特設ページ及びチラシをご覧ください

  • 【特設ページ】 巡回特許庁inひろしま ウェブサイト外部サイト
  • 【チラシ】 平成28年度 巡回特許庁 inひろしま(PDF形式:1,492KB)PDFファイル

主なイベント

<知財活用セミナー>(事前申込制)

  • 【日時】 8月30日(火)14時30分~17時30分
  • 【演題】 「下町ロケットの弁護士が語る;ビジネスに活かす知的財産」
  • 【内容】 
    • 知財が経営に与える効果や経営的課題解決に向けた活かし方について事例を交えながらの解説(基調講演)
  • 【講師】 弁護士・弁理士 鮫島 正洋 氏
  • 【会場】 リーガロイヤルホテル広島 3階「宮島」
  • 【定員】 200名程度

<模擬審判廷による実演・テレビ面接審査デモ>(事前申込制)

  • 【日時】 8月31日(水)10時00分~15時00分
  • 【内容】 
    • 審判長による模擬審判廷での口頭審理の実演
    • 審査官とのテレビ面接審査のデモンストレーションの実施
  • 【会場】 メルパルク広島 6階「平成」
  • 【定員】 100名程度

<地域ブランド・デザインに関するPR展示>(入場自由)

  • 【期間】 平成28年8月29日(月)~8月30日(水)[2日間]
  • 【会場】 紙屋町シャレオ 中央広場
  • 【展示内容】 
    • (1)当局実施の「カワいいモノ研究会」による商品展示

      因州和紙イヤリング、児島ジーンズのマルチポーチ、果物チックな化粧筆、萩焼の茶碗&カップなど

    • (2)中国地域の地域団体商標を活用した商品

      広島レモン、下関ふく、玉造温泉、大山ブロッコリーなど

    • (3)その他、知的財産関連のアニメや動画上映