「地熱発電シンポジウムin別府」の開催について

平成26年12月5日
中国経済産業局 資源エネルギー環境部
資源エネルギー環境課
 地熱発電は、安定的で環境に優しい純国産エネルギーであり、発電後の熱水を活用した地域振興事業(ハウス栽培事業や養殖事業など)に活用できると言うメリットがあります。
 本シンポジウムにご参加いただき、地熱発電と日本の未来について考えていきましょう。
    【開催概要】
  • 日時:平成27年1月15日(木曜日)
        13時00分開場 13時30分開会~16時30分閉会予定

  • 場所:B-Con Plaza 2階レセプションホール
        (大分県別府市山の手町12-1)

  • 主催:経済産業省資源エネルギー庁、環境省、農林水産省

  • 後援(予定):
       総務省、観光庁、大分県、別府市、大分合同新聞社、全国地方新聞社連合会、共同通信社 他

  • 定員:500名(入場無料)
        ※定員に達した場合は、申込みを締め切らせていただきますので、予めご了承ください。

  • 申込方法:
    • 参加希望の方は、氏名、郵便番号、住所、電話番号、年齢、性別、職業をご記入のうえ、ハガキ、FAX、ホームページからお申し込みください。
    • <ハガキ>
      〒870-8605 大分県大分市府内町3-9-15
      大分合同新聞社内「地熱発電シンポジウム事務局」係
    • <FAX>
      097-538-9682
    • <ホームページ>
      地熱エネルギーについて考えよう https://www.enecho.meti.go.jp/category/resources_and_fuel/geothermal/think/
      (資源エネルギー庁ウェブサイト外部リンク)
      平成27年1月7日(水曜日)消印有効

    • <お問い合せ>
      大分合同新聞社内「地熱発電シンポジウム事務局」
      電話番号:097-538-9646(平日10時00分~17時00分)


    【プログラム】
  • 主催者・来賓挨拶
       広瀬 勝貞 氏 (大分県知事)  他
  • 特別講演
       「温泉の魅力~地熱との共生~」
       西村 知美 氏 (タレント)
  • 特別企画 ~スペシャルトークハイスクール~
    • 「地熱発電との共生」
      秋田県立湯沢翔北高等学校
    • 「地熱発電への期待と不安」
      北海道立上川高等学校
    • 「地熱発電の持つ可能性・未来への提言」
      大分スーパーサイエンスコンソーシアム(大分県立大分舞鶴高等学校・大分県立大分上野丘高等学校・大分県立大分豊府高等学校)

    • <特別参加>
       西村 知美 氏
    • <モデレーター>
       松本 真由美 氏 (東京大学教養学部客員准教授)

  • パネルディスカッション
     「地熱発電の現在と未来」

    • <パネラー(五十音順)>
       新宮領 實 氏 (指宿市温泉配湯業組合 組合長)
       高橋 裕二郎 氏 (九重の自然を守る会 副会長)
       田中 進 氏 (日本地熱協会 会長)
       土屋 範芳 氏 (東北大学大学院環境科学研究科 教授)

    • <モデレーター>
       松本 真由美 氏

  • 地熱を活用した各自治体等の取り組みを紹介する展示コーナーも設置しております。

    ※プログラムの内容等は、予告なく変更になる場合があります。

  • 【その他】
    「地熱シンポジウムin別府」のFacebookを開設しました。「いいね!」をお願いいたします。
    https://www.facebook.com/chinetsu.symposium外部リンク
    (地熱発電シンポジウム in 別府 フェイスブック)

▲このページの先頭へ