平成27年度 IoT時代を担う企業間共創事業 トライアル講座
システム×デザイン思考 ワークショップ
~「イノベーティブに考える」を体験しよう!~岡山開催

平成27年11月24日

中国経済産業局 地域経済部

参事官(電子・情報産業担当)

 

 従来の製造販売・サービス提供から、データ収集・分析結果を元に新たなサービスを提供するなど、ビジネスの在り方が変わりつつあります。

 このような状況の中で、新たな製品・サービスによる価値創出を行うには、企画前の段階から、自社に閉じずに、属性の異なる関係者との対話の中でニーズを理解し、既存の枠に囚われない新たな発想を形にしていくことが求められます。

 今回は、イノベーティブな発想力を鍛えるシステム思考、デザイン思考について学んでいただき、実務における新たな価値創出のヒントにしていただくためのワークショップを開催します。

【開催内容】

<岡山開催(倉敷市)>

  1. 日時:平成27年12月12日(土)12時30分~16時30分
  2. 場所:倉敷市男女共同参画推進センター(ウィズアップくらしき) 第2会議室
    (岡山県倉敷市阿知1-7-1 くらしきシティプラザ東ビル 天満屋倉敷店6階)
  3. 定員:50名
  4. 参加費:無料
  5. プログラム:
    • 12時30分 〔開会挨拶〕 中国経済産業局
    • 12時35分 システム×デザイン思考 ワークショップ
    • 講師:慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 准教授 五百木 誠 氏

       システム思考とデザイン思考を効果的に融合して価値ある「新しい」を生み出し、それを広く普及させるための考え方、具体的な手法を紹介します。

       システム思考とは米国で生まれた「システムズエンジニアリング」の特徴である、ものごとをシステムとして捉えることを通して「木も見て、森も見る」という全体俯瞰の考え方です。

       一方、デザイン思考とは多様性の活用により従来の発想に囚われない新しいアイデアを、チームとして創り出していくという考え方です。

       このような基本的な考え方を学んだ後に、グループワークによる新しいアイデアの創出を体験してもらいます。

    • 16時00分 交流会
  • 上記のほか、平成27年12月19日(土)に広島県福山市で、平成28年1月13日(水)に島根県松江市で開催予定ですので、ご都合の良い会場にご来場ください。

平成27年12月19日(土)広島県福山市開催分につきましては、参加のお申込みはこちらからお願いします。

平成28年1月13日(水)島根県松江市開催分につきましては、参加のお申込みはこちらからお願いします。

【対象】

以下のいずれかに当てはまる方(専門分野・経験年数は一切問いません)

  • 新たな製品・サービスの開発について考える機会を得たい方
  • 漠然とした製品・サービスのアイデアをよりクリアにしたい方
  • 異なる属性の企業間(例えばITベンダ企業とITユーザー企業)で、新たな価値創出に繋がる取り組みを行っていきたい方
  • ITで現場の課題を解決するヒントを探したいとお考えの方
  • これまでと異なる新しいアイデアを思い付くための方法を知りたい方
  • アイデアソンやハッカソンに関心のある方・実効性を高めたい方

【お申し込み方法】

下記PDFまたはWordファイルをダウンロードし、FAX又はe-mailにてお申し込みください。

申込み締切:平成27年12月8日(火)

【お申込み先】

<事務局>

(株)旭リサーチセンター(担当:松尾、末政、竹内)

TEL:080-5892-7945

FAX:03-3296-3096

e-mail:arc@om.asahi-kasei.co.jp

【お問い合わせ先】

中国経済産業局 地域経済部

参事官(電子・情報産業担当)付

(担当:好澤、須谷)

電話:082-224-5630