平成28年12月から洗濯表示が変わります

平成28年11月9日

中国経済産業局 産業部

消費経済課 製品安全室

 平成27年3月に改正された家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規程が、平成28年12月1日に施行され、衣類等の繊維製品の洗濯表示が新しい記号に変更されます。新しい洗濯表示では、記号の種類が22種類から41種類に増え、記号が全て変わります。

 事業者の皆さまが家庭用品品質表示法で対象品目とされている繊維製品に、平成28年12月以降に表示を行う場合、新しい洗濯表示で行う必要がありますのでご注意ください。なお、11月30日以前に現行の表示が行われた製品については、施行日後もそのまま販売することができます。

 今回の改正により、記号の種類が増えたことによって、製品の取り扱いに対してよりきめ細かい情報が提供されるようになります。また、新しい洗濯表示は国内外で統一された表示ですので、海外で購入した製品であっても取り扱いに困るということが少なくなります。

 新しい表示を覚えて、大切な衣類を正しく取り扱いましょう。

※変更の詳細については、消費者庁ウェブサイト「新しい洗濯表示」外部サイトをご覧ください。

【お問い合わせ先】

中国経済産業局 産業部 消費経済課 製品安全室

電話:082-224-5671