平成29年4月1日から固定価格買取制度が変わります

~固定価格買取制度の認定を受けている皆様へ~

平成28年5月25日
中国経済産業局 資源エネルギー環境部
新エネルギー対策室
 第190回通常国会にて「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(通称:FIT法)等の一部を改正する法律」が成立しました。
 これにより、平成29年4月1日より固定価格買取制度が変わります。平成29年3月31日までに、接続契約を締結されていない場合、原則として現行制度の認定が失効しますので、くれぐれもご注意下さい。 
  1. 接続契約の締結がお済みでない皆様

    新制度では、既に認定を受けている方も、平成29年3月31日までに電力との接続契約が締結出来ていない場合には、原則、認定が失効します。
    未だ接続の申込みがお済みでない方は、工事費負担金の算出などに一定の期間(9ヶ月程度)かかることがありますので、認定が失効しないよう、早めの接続のお申込みをお願いします。


  2. 接続契約を締結済みの皆様

    運転開始済みの方など、接続契約の締結がお済みの皆様については、新制度の認定を受けたものとみなされ、新制度が適用されます。ただし、改正法施行後一定の期間内に書類を提出していただくこと(10kw未満の太陽光発電の場合を除く。)が必要となります。
    また、一定の期間内に運転開始等の条件が付される可能性があります。

▲このページの先頭へ

【問い合わせ先】
中国経済産業局 資源エネルギー環境部 新エネルギー対策室
電話:082-224-5818