中国・四国・九州・沖縄各県の高濃度PCB廃棄物の処理期限まで残り1年です。

平成29年3月31日

中国経済産業局 資源エネルギー環境部

環境・リサイクル課

古い変圧器、コンデンサー等にはポリ塩化ビフェニル(PCB)が含まれている可能性があります。高濃度PCB廃棄物はPCB特措法で定める処分期間内に処分しなければなりません。

特に中国・四国・九州・沖縄各県のJESCO事業所エリア内の処分期間の末日は平成30年3月31日です。今一度確実に確認いただき、確実な処分をお願いします。

【これまでの背景】

ポリ塩化ビフェニル(PCB)は、絶縁性、不燃性等の特性により、変圧器、コンデンサーなどに使用されましたが、昭和43年のカネミ油症事件を受け、我が国では、昭和47年以降製造が中止されました。その後、平成13年にPCB特別措置法が成立し、中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)の処理施設で高濃度PCB廃棄物の処理が行われています。

【処分期間内の処理】

高濃度PCB廃棄物は、PCB特別措置法によりJESCOの全国5箇所にある処理施設ごとに処分期間が決まっていて、早いものでは平成29年度末までにJESCOに処分委託しなければなりません。期限を過ぎると、措置命令や罰則の対象になります。

【JESCO北九州事業エリアの処分期限まで、残りわずか1年】

JESCO北九州事業エリア(中国・四国・九州・沖縄各県)の高濃度PCBを含む変圧器、コンデンサー等は、平成29年度末までにJESCOに処分委託をしなければなりません。


平成29年3月31日(金)は、処分期間の末日の1年前になります。保管などの届出をしていない高濃度PCB廃棄物や使用製品が存在しないか今一度徹底した確認をお願いします。

届出をしたものは、早急にJESCOに連絡をして、処分委託の手続を進めて頂くようお願いします。

詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。

経済産業省ウェブサイト(PCB機器の処理促進)外部サイト