平成28年度『中山間地域における「ひと」「しごと」「資源」の好循環による地域の自立・継続に向けた支援方策調査』報告書

平成29年4月11日

中国経済産業局

中国経済産業局では、平成28年度に標記調査事業を実施し、調査報告書をまとめましたので、その内容を報告いたします。

【調査概要】

次の2つの調査を行いました。本調査の報告書が、地域の「稼ぐ力」創出のきっかけ、また地域エネルギーの取組の参考になれば幸いです。

  1. 中国地域の中山間地域の自立・継続モデルの検討

    [背景]

    • 中山間地域において、地域の担い手人材の不足、特定分野に対する専門性の不足、地域の持続可能性を担保する財の流れの不足の3つが重要課題となっていること。

    [概要]

    • 中山間地域における「稼ぐ力」の創出を目指し、移住等により多様化する地域の担い手が業種の垣根を越えて出会う「場」をつくることの有用性について調査を実施。
    • 地域で「場」づくりを実践していくためのモデルを提案。

    [資料]

    [担当]

    総務企画部企画調査課(電話:082-224-5626)

  2. 中国地域の省エネルギー・再生可能エネルギーに関する取組の現状把握(資源エネルギー環境部)

    [背景]

    • 中国地域では全国と比較して産業部門のエネルギー消費率が高く、省エネルギーの推進が課題となっていること。
    • 中国地域の人口減少や産業の衰退の一方で、「地産地消型」のエネルギーシステム構築の取組が注目を集めていること。

    [概要]

    • 中国地域の省エネルギーおよび再生可能エネルギーの取組に関する現状把握を行い、特徴的事例、先駆的事例を取りまとめた。

    [資料]

    [担当]

    資源エネルギー環境部(電話:082-224-5713)