サイト内検索

未入力のまま送信しても検索結果は表示されません。

「めぐるさいくる、リサイクル! ~3R政策~」ページ イメージ
リストマーク 「めぐるさいくる、リサイクル!」の先頭ページへ
リストマーク 「3R政策」のページへ
リストマーク 「個別リサイクル法」のページへ
リストマーク 「家電リサイクルプラント見学会報告」のページへ
「リサイクル学習会」を開催しました

家電リサイクル法が平成13年4月に施行され、再商品化率は増加傾向にあり一定の成果を上げているものの、引き続き適切な廃家電の回収が求められます。また、小型家電リサイクル法が平成25年4月に施行され、平成30年度までに年間14万トンを回収目標としています。

今年度は、「家電リサイクル及び小型家電リサイクルの制度を消費者に正しく理解してもらう」ことを目的に「リサイクル学習会」を開催しましたので、その概要を紹介します。

  • 日時:平成29年8月22日(火)
  • 会場:平林金属株式会社 リサイクルファーム御津(岡山市北区)
  • 参加者:小学校4年生から中学校2年生までの親子5組10人

平林金属(株)リサイクルファーム御津

リサイクル学習会
1.リサイクル学習会概要

会議室において、平林金属株式会社より家電及び小型家電のリサイクルの現状と課題などについて説明を受け、ハードディスクの解体を体験しながら、小型家電に含まれる希少金属類を学びました。最後に、廃家電4品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)のリサイクル現場を案内していただきました。


ハードディスクの解体体験の様子

リサイクル現場見学の様子
2.アンケート結果(アンケート回答者:子供5名、保護者5名(回答率100%))

参加者全員から「大変有意義だった」、「とても良かった」との回答をいただきました。

また、保護者の皆様に学習会参加前後のリサイクル料金に関する印象をたずねたところ、見学前には8割の方が「高い」と回答されましたが、見学後では全員が「適正」と答えられました。

  • 「リサイクル学習会」はいかがでしたか?
  • 【子供】
    円グラフ とても良かった(100%)
    【保護者】
    円グラフ 大変有意義だった(100%)
  • 家電リサイクル及び小型家電リサイクルの仕組みに関する説明はいかがでしたか?
  • 【子供】
    円グラフ 良く理解できた(60%)、だいたい理解できた(40%)
    【保護者】
    円グラフ 良く理解できた(80%)、ある程度理解できた(20%)
  • 家電リサイクル料金についてどのように感じますか?学習会参加前と参加後の感じ方を教えて下さい。(保護者の方のみお答えいただきました。)
  • 【参加前】
    円グラフ 高い(80%)、適正(20%)
    【参加後】
    円グラフ 適正(100%)
  • 参加者からの意見・感想(抜粋)

【子供】

  • 機械じゃなくて手作業でしていたことを初めて知ってびっくりした。
  • ハードディスクの解体や工場見学などが体験できてとても楽しく有意義な時間だった。
  • これから「繰り返し使う(リユース)」をやっていきたい。

【保護者】

  • 本当に「リサイクル」とは、多くの人の力、機械の力、技術が必要なんだなと思いました。安易に処分するのではなく、「いい商品を長く使う」ことを心がけていきたいです。
  • 家電ゴミが環境問題にとても影響することがよく分かりました。ゴミを減らすことを考えながら生活していきたいです。
  • 私たちは、必ず違法回収業に出さずに、回収マークのある店へ持ち込むようにこころがけたい。3Rをぜひ家でも実践して少しでも貢献したいと思います。
3.まとめ

リサイクル学習会を通じて、参加者の皆様に家電及び小型家電リサイクル制度について関心を持っていただくと同時に、リサイクルの現場を見学することで、適切な廃家電の回収についての理解を深めていただくことが出来ました。当局としても、引き続き家電及び小型家電リサイクル制度の周知に努めていきます。

リサイクル学習会の開催に際しましては、平林金属株式会社、公益財団法人岡山県環境保全事業団環境学習センター「アスエコ」、中国四国地方環境事務所より多大なる御協力をいただきました。

誠にありがとうございました。