新市場創造型標準化制度
  1. 標準化は、新しい技術や優れた製品を国内外の市場において普及させるための重要な ビジネスツールです。
    例えば、とがった技術があるものの、
    企業1者等で業界内調整が困難な場合
    中堅・中小企業等で原案作成が困難な場合、
    複数の産業界にまたがる場合に
    従来の業界団体を通じたコンセンサス形成を経ずに、迅速な国際標準提案やJIS化が可能になります。
  2. 2012年6月に、業界団体を通じたコンセンサスを求めない「トップスタンダード制度」を導入、これを拡充した「新市場創造型標準化制度」を2014年7月創設しました。
  3. さらに、自治体・産業振興機関、地域金融機関、大学・公的研究機関等(パートナー機関)と一般財団法人日本規格協会(JSA)が連携し、中堅・中小企業等における標準化の戦略的活用を、JSAに配備する「標準化アドバイザー」がどこでもきめ細かく専門的に支援(情報提供、助言等)する「標準化活用支援パートナーシップ制度」を平成27年11月4日に新たに創設しております。

(新市場創造標準化イメージ図)

新市場創造標準化イメージ図 国際基準の場合 新市場創造標準化イメージ図 国際基準の場合

詳しくは以下のパンフレット、ウェブサイトを御覧ください。

  1. パンフレット
  2. 関連ウェブサイト

(これまでの標準化・JIS化案件一覧)

このページに関するお問い合わせ先
中国経済産業局 地域経済部
産業技術連携課
電話:082-224-5680
FAX:082-224-5645


経済産業省 中国経済産業局(METI Chugoku)
〒730-8531 広島市中区上八丁堀6番30号

Copyright © Chugoku Bureau of Economy, Trade and Industry, All Rights Reserved.