METI CHUGOKU Latest NEWS

当局が主催したセミナーや説明会などのイベントを紹介しています。

新着情報

説明会資料などもダウンロードできますので、ご利用ください。

平成28年7月7日から7月13日まで、「カワいいモノ研究会」が広島市内の百貨店に出展しました。

写真 「カワいいモノ研究会」がそごう広島店に出展しました

中国経済産業局では、“カワイイ”の特性と、高い品質を誇る日本の伝統工芸品・工業製品の“いいモノ”を掛けあわせた『カワいいモノ』を思考・発信する研究会を実施しています。

この度、研究会参加企業5社が、そごう広島店で行われた「日本の職人展」と同時開催で催事に出展し、マスコミにも取り上げられるなど、高い注目をいただきました。

(平成28年7月19日)

流通・サービス産業課

平成28年6月23日広島市、6月24日米子市にて、中小企業等経営強化法について説明会を開催しました。

写真 「中小企業等経営強化法についての説明会」

中国経済産業局では、今通常国会にて成立、公布された中小企業等経営強化法について説明会を開催しました。

同法は中小企業者等が策定する経営力を向上させるための事業計画(経営力向上計画)を国が認定し、固定資産減税の軽減(3年間半減)や金融支援等の特例措置により、中小企業等の経営強化を図るものです。

(平成28年7月5日)

経営支援課

平成28年6月20日、広島市内にてローカルベンチマーク説明会及び2016年版中小企業白書など白書説明会を開催しました。

写真 「ローカルベンチマーク説明会及び2016年版中小企業白書など白書説明会」

金融庁、経済産業省、中国経済産業局では、企業の経営状態の把握、いわゆる「健康診断」を行うツール(道具)であるローカルベンチマークについての説明会を開催するとともに、先日発表された「中小企業白書」「小規模企業白書」「ものづくり白書」についての説明会を開催しました。

(平成28年6月29日)

地域経済課

平成28年6月15日、北村政務官が広島県内を訪問、熊野筆の産地やマツダ(株)を視察しました。

写真 「北村政務官が広島県内を訪問」

伝統的工芸品「熊野筆」を生産、販売する(株)晃祐堂の化粧筆工房と「熊野筆」の歴史を伝える筆の里工房、そしてマツダ(株)の組立工場を視察。(株)晃祐堂では、伝統的技術を活かした化粧筆等の新商品による新たなブランド構築への取組みについて、意見交換を行いました。

(平成28年6月21日)

総務課

平成28年6月3日、林経済産業大臣が山口県内を訪問、宇部興産(株)、西部石油(株)を視察しました。

写真 「林経済産業大臣が山口県内を訪問」

我が国経済を支え、かつ地域経済の担い手として重要な役割を担う両社を訪問し、その具体的取組や産業界の動向を伺いました。さらに地元自治体関係者等も交えて、今後の施策展開に向けた意見交換を行いました。

(平成28年6月16日)

※一部写真は西部石油(株)からの提供

総務課

平成28年6月3日、広島市内において「第24回中国地域ニュービジネス大賞表彰式」が開催されました。

写真 「第24回中国地域ニュービジネス大賞表彰式」

今年の中国地域ニュービジネス大賞(中国経済産業局長賞、一般社団法人中国地域ニュービジネス協議会会長賞)には大学発ベンチャーの株式会社広島クライオプリザベーションサービス(「養豚の生産性向上をはかる人工授精新技術」)が選ばれ、当局小野産業部長より賞状を授与いたしました。

(平成28年6月10日)

新事業支援室

平成28年6月2日、広島YMCA国際文化センターにて、『多様な社員が活躍する組織を創るダイバーシティ経営セミナー』を開催しました。

写真 広島YMCA国際文化センター「多様な社員が活躍する組織を創るダイバーシティ経営セミナー」

中国経済産業局では、多様な人材の能力を最大限に引き出し、成果に繋げていく組織創りの実践事例をご紹介するセミナーを、企業の経営者・管理職の皆様を対象として開催しました。

法政大学 坂本教授から、社員を“幸せ”にする企業経営のあり方について基調講演をいただき、(株)OMOYA 代表取締役社長の猪熊真理子氏をファシリテーターとして、ダイバーシティ経営に取り組んでいる女性パネリスト3名とでトークセッションが行われ、これからの働き方、社員の可能性を最大限に活かす会社経営のあり方等に関しての多くのヒントが示されました。

(平成28年6月8日)

産業人材政策課

平成28年5月29日、岡山市内において「創業&フォローアップセミナー」を開催しました。

写真 岡山県立図書館「創業&フォローアップセミナー」

岡山県内等の公的な創業者支援機関で構成する創業者応援団では、5月29日、岡山県立図書館にて、創業をお考えの方や創業間もない方等を対象に「創業&フォローアップセミナー」を開催しました。

当日は基調講演、創業体験発表会、個別相談会を実施し、約90名の方にご参加いただきました。基調講演では(株)デフタ・キャピタルの山口豪志様、レプタイル(株)の丸尾宜史様にご講演頂き、参加者の方は講師の方のお話しに聞き入っている様子でした。

(平成28年6月3日)

新事業支援室

平成28年4月29日、広島県府中町のイオンモール広島府中にて、「電力自由化キャラバン」を開催しました。

写真 イオンモール広島府中「電力自由化キャラバン」

経済産業省電力・ガス取引監視等委員会は4月29日、イオンモール広島府中で、4月1日から始まった電力小売全面自由化について、消費者に正確な情報を分かりやすく発信するための周知イベント「電力自由化キャラバン」を開催しました。

会場ではクイズ形式のステージイベントやパネル展示を行ったほか、経済産業省職員による相談窓口を開設しました。

(平成28年5月11日)

電力・ガス取引監視室

平成28年4月27日、鳥取市内において「資源のない日本、将来のエネルギーの姿に関する講演in鳥取」を開催しました。

写真 資源のない日本、将来のエネルギーの姿に関する講演in鳥取

資源エネルギー庁では、「長期エネルギー需給見通し(エネルギーミックス)」や我が国におけるエネルギーの現状等について、ご理解を深めていただくことを目的に講演会を開催いたしました。

鳥取会場には50名の方にご出席いただき、満席のなか常葉大学の山本隆三教授に「エネルギー政策と幸せの関係」と題して講演いただきました。

(平成28年5月2日)

資源エネルギー環境課

平成28年4月20日、広島市においてコンテンツ関連施策説明会を開催しました。

写真 コンテンツ海外展開の推進について 平成28年4月20日 経済産業省商務情報政策局 文化情報関連産業課
  • 日時:平成28年4月20日(水)13時30分~16時30分
  • 場所:中国経済産業局 2階 第1会議室(広島市中区上八丁堀6-30 広島合同庁舎2号館2階)
  • 主催:中国経済産業局、 特定非営利活動法人映像産業振興機構、クールジャパン機構
  • コンテンツ関連施策説明会 プログラムを見る(PDF:125KB)

(平成28年4月27日)

流通・サービス産業課

平成28年3月30日、地方の中核となる中堅・中小企業への支援パッケージ 中国説明会を開催しました。

写真 支援パッケージ 中国説明会

内閣官房及び関係府省では、中堅・中小企業の活躍を後押しするため、関係府省が持つ中堅・中小企業支援策を取りまとめた「地方の中核となる中堅・中小企業への支援パッケージ」を改定、新たに平成28年度版支援パッケージを作成しました。

この度、支援パッケージを効果的にご活用頂くため、当局会議室にて説明会を開催、行政機関や経済団体など約90名が参加されました。

(平成28年4月6日)

地域経済課

平成28年3月26日、広島市内において内閣官房まち・ひと・しごと創生本部主催「第5回地域しごと創生会議」が開催されました。

写真 第5回地域しごと創生会議

まち・ひと・しごと創生本部では、地方創生の第二ステージに向け、官民が力を合わせ、地域の経済・社会的課題の解決に資する取組の発掘と支援を行っていくため、その基本的な取組方針を明らかにすることを目的に、「地域しごと創生会議」を設置しています。 この度、広島市において、石破地方創生担当大臣、伊藤内閣府大臣補佐官、北村経済産業大臣政務官のほか各界有識者の出席の下、「まちづくり」「小さな拠点」「人材育成」等をテーマに事例紹介、意見交換等が行われました。中国地域からは、湯崎広島県知事、(株)吉田ふるさと村の高岡代表取締役社長が出席、先進的な取組を紹介をいただきました。

(平成28年4月6日)

総務課

平成28年3月28日、鳥取市の鳥取駅前商店街にて、「電力自由化キャラバン」を開催しました。

写真 鳥取市の鳥取駅前商店街「電力自由化キャラバン」

経済産業省電力取引監視等委員会は3月28日、鳥取駅前商店街で、4月1日からの電力小売全面自由化に向けて、消費者に正確な情報を分かりやすく発信するための周知イベント「電力自由化キャラバン」を開催しました。

会場ではクイズ形式のイベントやパネル展示、動画放映を行ったほか相談窓口を開設しました。

(平成28年4月4日)

電力・ガス取引監視室

平成28年3月4日、広島市内において「平成27年度PCBの適正な処理促進に関する説明会」を開催しました。

平成27年度PCBの適正な処理促進に関する説明会

経済産業省及び環境省では、PCBが含まれたトランス、コンデンサ、蛍光灯安定器等の機器を所有する事業者等を対象にPCB廃棄物の適正な処理促進に向けた国の施策に関する最新の情報を紹介する説明会を開催しました。広島会場には108名の参加者がありました。

(平成28年3月22日)

環境・リサイクル課

平成28年2月19日、サテライトキャンパスひろしまにて、「ダイバーシティ経営セミナー -魅力ある企業は人を大切にする-」を開催しました。

ダイバーシティ経営セミナー

中国経済産業局では、ワークライフバランスを重視し、女性が活躍することにより経営上の成果を上げ、ひいては地域や既存の業界に新風を巻き起こす存在となっていく―。そんな魅力ある企業とはどのようなものなのかを皆で考えるセミナーを開催しました。

リクルートワークス研究所 機関誌Works編集長 石原直子氏の講演後、「バリキャリもユルキャリも働き続ける社会を目指して」をテーマにパネルディスカッションを行い、参加者から高い評価をいただきました。詳細は資料をご覧ください。

(平成28年3月4日)

産業人材政策課

平成28年2月3日、島根県出雲市で「縁(ゆかり)-地域資源を活用した地域活性化-」をテーマに、車座ふるさとトークを開催しました。

島根県出雲市「縁(ゆかり)-地域資源を活用した地域活性化-」車座ふるさとトーク

「車座ふるさとトーク」は、生の声をつぶさに聞いて、政策に活かすとともに、重要政策について説明するため、大臣、副大臣、政務官が各地に赴き、その地域の方々と少人数で車座での対話を行うものです。

この度は、「縁(ゆかり)-地域資源を活用した地域活性化-」をテーマに、鈴木経済産業副大臣が島根県内の地域資源を活用し地域活性化に取組む企業を視察し、地域資源を発掘し、磨き、そして積極的に域外に発信されている方々と意見交換を行いました。

(平成28年2月10日)

総務課、産業振興課

平成28年1月27日、「中国地域の農林水産事業者と商工業者の連携による販路開拓(海外展開含)を支援するネットワーク会議」を開催しました。

中国地域の農林水産事業者と商工業者の連携による販路開拓(海外展開含)を支援するネットワーク会議

中国地域における、農林水産事業者と商工業者が連携した新たな商品開発、国内外の販路開拓等の新たな成長につなげる取り組みを支援するため、国の機関、地方自治体、金融機関、支援機関等が一堂に会し、相互の情報共有、支援施策の発信等を通じた有機的な連携を強化することを目指し、「中国地域の農林水産事業者と商工業者の連携による販路開拓(海外展開含)を支援するネットワーク会議」を開催しました。

当日は、国によるTPP関連等支援のための予算説明、支援機関からの支援策・事例紹介の後、各機関の取組みや支援機関の連携についての意見交換を行いました。

(平成28年2月8日)

産業振興課

平成28年1月19日と20日に、広島合同庁舎(広島市)及び岡山シティミュージアム(岡山市)において、VOC排出抑制セミナーを開催しました。

VOC排出抑制セミナー

中国経済産業局では、揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds(VOC))の削減に向けた自主的取組を促進していくため、VOC使用事業者、業界団体関係者及び行政機関等を対象としたVOC排出抑制セミナーを開催しました。

広島会場42名、岡山会場33名の参加者に化学物質のリスクアセスメントの実施や塗装現場で活用できる具体的な取組事例について紹介しました。

(平成28年2月5日)

環境・リサイクル課

平成28年1月20・21日、「平成27年度コンビナートシンポジウム」を開催しました。

平成27年度コンビナートシンポジウム

さらなる連携によるコンビナートの国際競争力の強化を目的に、本年度は、九州経済産業局、大分県、大分市、大分コンビナート企業協議会と連携し、初めて、地域を越えて、大分市において開催しました。

シンポジウムには、全国から各地区のコンビナート関連事業者や行政関係者約180名が参加し、東京理科大学大学院教授 橘川武郎氏の基調講演に続き、大分県の取組紹介、資源エネルギー庁から石油関連施策・予算の紹介、そして最後に、「コンビナートから地方を元気に」をテーマとしたパネルディスカッションを行いました。

終了後の交流会では、90名を超える人が集い、地域や業種の垣根を越えた熱気溢れる交流の場となり、今後のコンビナート連携のきっかけを作ることが出来ました。

(平成28年2月2日)

エネルギー対策課

「電力小売りの全面自由化説明会」の動画をアップしました。

YouTube動画

平成28年1月18日に開催しました「電力小売りの全面自由化説明会」について、電力取引監視等委員会の圓尾委員による第1部の消費者向け説明の動画をアップしました。説明会資料(【資料1】電力自由化について」(PDF:1,516KB))と併せてご覧ください。

  • ※なお、動画は資料の24ページまでの説明で終了しています。
  • ※動画は下記の様式でダウンロードすることもできます。
    (リンク上を右クリックで「動画を保存」できます)

    ダウンロード版(mp4)(128MB)

(平成28年2月1日)

電力取引監視室

平成28年1月21日、「縁(ゆかり)パートナー」を創設しました。

縁(ゆかり)パートナー

中国経済産業局では、地方創生の一層の推進に向け、市町村との更なる連携強化を図ることを目指し、この度「縁(ゆかり)パートナー」制度を創設しました。

各市町村に縁(ゆかり)のある職員を「縁(ゆかり)パートナー」として任命、パートナーは、担当する地域からの相談等の一元的な窓口として対応します。

今後、各種施策の紹介、プロジェクトの共同実施などにより連携強化を図りつつ、中長期的に市町村と「顔の見える関係」を構築していきます。

各市町村の皆様、よろしくお願い申し上げます。

(平成28年1月26日)

総務課

平成28年1月18日、広島市において「電力小売の全面自由化説明会」を開催しました。

電力小売の全面自由化説明会

平成28年4月から電力小売が全面自由化され、一般家庭を始めとしたすべての電気の利用者が、電気の購入先を自由に選ぶことができるようになります。

この度、経済産業省及び中国経済産業局では、電気の利用者や関係する事業者を対象に、4月からの自由化の内容などについての説明会を開催、当日は約200名出席いただき満席となりました。

(平成28年1月20日)

電力・ガス事業課、電力取引監視室

平成27年12月22日、島根県雲南市において「“ちいさな企業”交流キャラバン」を全国で最初に開催しました。

ちいさな企業交流キャラバン

中小企業庁では、厳しい経営環境の中、“ちいさな企業”が持続的に発展していくため、何が本当の課題か」、「今求められている対策は何か」について、地域の事業者の方々と交流・対話を行う「“ちいさな企業”交流キャラバン」を全国で開催しています。

この度、全国に先駆けて島根県雲南市にて開催、当日は約80名が出席し、豊永中小企業庁長官を交えての意見交換などを行いました。

(平成28年1月7日)

中小企業課

平成27年12月2日、広島市において「下請取引適正化セミナー2015」を開催しました。

下請取引適正化セミナー2015

中小企業庁では、下請取引の適正化を推進し、下請中小企業の経営基盤の強化を図るため、下請取引適正化に係るシンポジウム及びセミナーを本年度全国8か所で開催することとしており、中国地域では12月2日に広島で「下請取引適正化セミナー2015」を開催しました。

当日は約70名が出席し、下請代金法とコンプライアンスの取組についての基調講演のほか、親事業者による取組事例紹介がありました。

(平成27年12月17日)

中小企業課

平成27年11月17日に出雲市、11月25日に雲南市において、「暮らしとエネルギーを考えるトークサロン」を開催しました。

暮らしとエネルギーを考えるトークサロン

中国経済産業局では、出雲市に東京大学 松本真由美 准教授、雲南市にしまねエコライフサポーターズ 石原孝子代表を、講師としてお招きし、エネルギーについて、講師と参加者で語り合っていただくトークサロンを開催しました。

また、雲南市では、今年10月に完成した雲南市新庁舎の木質バイオマス、地下水熱を利用した空調システムなどの見学もしていただきました。

(平成27年12月2日)

資源エネルギー環境広報推進室

平成27年11月13日、周防大島町立東和中学校にて、RESASを活用した出前授業&ワークショップを開催しました。

RESASを活用した出前授業&ワークショップ

地方創生に資する地域の担い手育成を目的に、地域経済分析システム(RESAS)を活用して、中学生自らが地域の現状・課題・特徴等を見つけ、課題解決策や地域活性化のアイデアを考えるワークショップを、当局と周防大島町教育委員会との共同企画により開催しました。

東和中学校3年生の28名は5つのグループに分かれてディスカッションし、中学生ならではのとてもユニークなアイデアが出されました。RESASを活用したこのような授業は、地域の課題発見や解決能力を養うだけでなく、起業家精神育成や地域の担い手育成にもつながることが、確認されました。

(平成27年11月27日)

参事官(企画担当)

平成27年11月16日、ホテルグランヴィア広島にて、産学官連携シンポジウム『IoT(Internet of Things)がもたらす「ものづくり変革」』を開催しました。

IoTがもたらすものづくり変革

中国経済産業局では、IoTがもたらすものづくりの変革についての影響や取り組むべき課題等について、中国地域の関係者の検討を支援するため、一般財団法人機械振興協会と連携して産学官連携シンポジウムを開催しました。

当日は約200名が出席し、東京大学大学院工学研究科教授 元橋一之氏、(株)KDDI総研 リサーチフェロー 小林雅一氏の講演の後、有識者によるパネルディスカッションが行なわれました。

(平成27年11月25日)

地域経済課

中国地域5県で「下請取引適正化推進講習会」を開催しました。

下請取引適正化推進講習会

中小企業庁と公正取引委員会では、毎年11月を「下請取引適正化推進月間」として集中的に普及・啓発事業を行っており、公正取引委員会事務総局中国支所主催で11月2日(広島市)、11月4日(広島市)、11月9日(岡山市)に、当局主催で11月10日(鳥取市)、11月11日(松江市)、11月13日(山口市)に講習会を開催しました。

引き続き、12月2日に広島市のワークピア広島で「下請取引適正化推進セミナー2015」を開催予定ですので、ご来場をお待ちしています。

(平成27年11月25日)

中小企業課

平成27年11月12日、TKPガーデンシティ広島にて、環太平洋パートナーシップ協定(TPP協定)大筋合意結果(経済産業省関連分野)に関する説明会を開催しました。

環太平洋パートナーシップ協定大筋合意結果に関する説明会

経済産業省では、環太平洋パートナーシップ(TPP)交渉の大筋合意を受け、工業製品やサービスといった当省関連分野における合意内容について説明会を開催しました。

当日は企業や金融機関など約120名が出席し、経済産業省(本省)及び日本貿易振興機構(本部)の担当者からTPP協定の概要やその活用方法について説明を行いました。

(平成27年11月25日)

国際課

平成27年11月5日、広島YMCA国際文化センターにて、「平成27年度IoT時代を担う企業間共創マネジメントセミナ-~IoT時代のビジネスチャンスの捉え方と新たな価値創出のコツ~」を開催しました。

IoT時代を担う企業間共創マネジメントセミナ-

中国経済産業局では、(独)情報処理推進機構(IPA)との共催でセミナーを開催し、講師の方々から、IoT時代のビジネス環境変化にどう対応していくかを考え、新たな価値を生み出していくための共創の質を高める方法等についてご紹介頂きました。

(平成27年11月24日)

参事官(電子・情報産業担当)

平成27年9月19日「よなご環境フェスタ」(米子市)、10月24日「ゆめシティ」(下関市)にて、「発見!省エネミュージアム!」を開催しました。

発見!省エネミュージアム!

中国経済産業局では、家庭における省エネルギー機器の普及促進やエネルギーの節減行動につなげていただくため、省エネ機器や模型の展示、エネルギー体験や省エネ工作会などを行いました。

引き続き、11/15「松江市環境フェスティバル」(松江市)、11/27-28「脱・温暖化フェアinひろしま」(広島市)、来年1/16「イオンモール岡山」(岡山市)にて開催予定ですので、ご来場をお待ちしています。

(平成27年11月11日)

エネルギー対策課

平成27年10月7日、米子市文化ホールにおいて、地域エネルギーセミナー「明日のエネルギーを考えるセミナーin米子」を開催しました。

明日のエネルギーを考えるセミナーin米子

今年7月に決定した「長期エネルギー需給見通し(エネルギーミックス)」への理解を深めていただくため、慶応義塾大学 野村浩二准教授を招き、エネルギ-ミックスの検討小委員会の委員として検討にたずさわられた立場から、国際情勢も踏まえた説明をしていただきました。

(平成27年10月15日)

資源エネルギー環境課

平成27年9月13日、山際経済産業副大臣が山口県を訪問、地域活性化に取り組む企業や若手経営者等との意見交換、取組の視察を行いました。

山際経済産業副大臣、山口県を訪問

山口市では、アートを切り口に空間展示、イベントなどを手がける山口情報芸術センターを訪問。その後、クラウドファンディングの活用や、スポーツ、女性創業支援などにより地域活性化に取り組む企業等との意見交換を行いました。

周南市では、駅周辺商店街及び複合商業施設「bloom&dream」を視察。さらに、周防大島町では、島内の地域おこしの中心となっている若者との意見交換を瀬戸内ジャムズガーデンにて行いました。

(平成27年9月16日)

総務課

平成27年8月26日、宮沢経済産業大臣の出席のもと、ANAクラウンプラザホテル広島にて、成長戦略「3つの見える化」説明会を開催しました。

成長戦略「3つの見える化」説明会

宮沢大臣の挨拶ののち、成長戦略「3つの見える化」について、井内地域経済産業審議官が説明しました。

さらに、「中小・中堅企業 あなたが主役~経営者の成功談~」と題してパネルディスカッションを開催し、畑野中国経済産業局長が進行を務めました。

(平成27年8月27日)

総務課

平成27年7月21日、中国経済産業局において、「子どもの参観日」を開催しました。

 中国経済産業局では、局職員の子ども達が職場を訪問する「子どもの参加日」を初めて開催し、小学1年生から中学2年生までの23名の参加がありました。

 局の若手職員が経済産業局の仕事について、動画や寸劇、クイズ形式により工夫を凝らして説明を行うとともに、子ども達は、畑野局長との名刺交換、科学実験教室や当局の支援により中小企業が開発した小筆を使った書道体験を行いました。

 当日の模様を動画で見ることが出来ますので、ぜひご覧ください。

(平成27年8月18日)

産業人材政策課

平成27年7月29日、メルパルク広島において、ふるさと名物普及促進セミナーを開催しました。

平成27年7月29日ふるさと名物普及促進セミナー

中国経済産業局、中小企業基盤整備機構中国本部、(株)成研は、開催地の広島県と連携して「ふるさと名物普及促進セミナー」を開催し、自治体や商工会議所・商工会など約70名が出席のもと、一般社団法人秩父地域おもてなし観光公社 井上事務局長による基調講演や中小企業庁担当者による地域資源法一部改正・「ふるさと名物応援宣言」等の紹介、個別相談会を行いました。

(平成27年8月10日)

経営支援課

平成27年7月17日、中国経済産業局において、中国地域知的財産戦略本部会議を開催しました。

平成27年7月17日中国地域知的財産戦略本部会議

本会議は中国経済産業局が事務局となり、中国地域における知的財産権制度の普及と戦略的な活用の促進を目的とした「地域知的財産推進計画」を策定するため毎年開催しています。

今回は、平成26年度の実施状況を報告するとともに、金融機関の職員向けセミナー等を新たに取り入れた平成27年度事業計画が了承されました。併せて、内閣官房知的財産戦略推進事務局、特許庁をはじめとした関係機関より最新施策や取組などが発表されました。

(平成27年7月31日)

特許室

平成27年7月10日、中国経済産業局において、「安全保障貿易管理説明会」及び「NACCS貿易管理サブシステム」説明会を行いました。

平成27年7月10日「安全保障貿易管理説明会」及び「NACCS貿易管理サブシステム」説明会

「安全保障貿易管理」について、その重要性や自主的な輸出管理体制整備のポイントなど、併せて経済産業省への輸出許可申請等を電子的に行う「NACCS貿易管理サブシステム」について、説明を行いました。

(平成27年7月17日)

国際課

ページの先頭に戻る

ページの先頭へ戻る