感性価値ブランドデザイン
暮らしにいいモノプラスプロジェクトProduced by CCC
参画事業者・クリエイター募集のご案内

平成30年7月3日

平成30年7月9日更新

中国経済産業局 産業部

流通・サービス産業課

「暮らしにいいモノプラスプロジェクト」事務局(凸版印刷(株)中四国事業部、(株)Conoma)では、当局より委託を受けて「暮らしにいいモノプラスプロジェクト」を実施するにあたり、プロジェクトに参画いただける事業者及びクリエイターの募集を開始します。

募集〆切:7月20日(金)
公募説明会:7月18日(水)

(平成30年7月9日追記)
今回の豪雨被害に伴い、公募説明会の開催を7月18日(水)に延期しました。なお、公募説明会の延期に伴い、応募締切日を7月20日(金)、選考結果通知を7月24日(火)に併せて延期しております。なお、第1回研究会は7月30日(月)で変更ありません。

平成30年度事業の特徴として、「蔦屋書店」などを運営し、商品だけでなくライフスタイル提案まで行う小売事業者であるカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下、「CCC」という。)よりアドバイザーを迎え、販売現場を知る立場から「売れる」商品にするためのアドバイスをしていただきます。

1.コンセプト

高い品質を誇る日本の伝統的な工芸品・工業製品の「いいモノ(品質の良い物)」に、
「カワいい」「おしゃれ」「クール」など感性に響く価値観を掛け合わせ、
これまでと違う切り口で新しい価値観を創出して、ブランド力を高めていきます。
例えば、モダンなデザインが施されることで今の暮らしにもマッチする伝統工芸品や、
無機質なモノに可愛さをプラスすることで使うことが楽しくなる雑貨など、
普段の生活に彩りや楽しさ、快適さを添えるプラスアルファな“暮らしにいいモノ”の開発を目指します。

2.対象

以下の条件を満たす事業者を募集します。

(1) 西日本地域(近畿・中国・四国・九州地方)に本社を置く企業であること。

(2) 意匠権・商標権の出願が可能な「暮らしにいいモノ」をキーコンセプトとした商品開発等を目指す事業者であること。

(3) 既存商品をブラッシュアップしブランド化を目指す事業者、又は新規での商品開発を目指す事業者であること。

(4) 自社(もしくは取引企業)で、試作品の製作が可能であること。

(5) 「生活提案」につながる商品開発等を目指すため、募集するジャンルは以下とする。

  • 食生活を彩るアイテム(食器やキッチン雑貨など「食」に関連するアイテム) ※但し、食料品は除く
  • 暮らしを彩るアイテム(家具やインテリア雑貨など「住」に関連するアイテム)
  • 装いを彩るアイテム(アクセサリーやファッション小物など「衣」に関連するアイテム)
  • ワークスタイルを彩るアイテム(文房具などビジネスシーンで活用できるアイテム)
3.プロジェクトの取組内容
実施スキームの表
  • 本事業は、「暮らしにいいモノ」をキーコンセプトに、生活提案につながる新商品の開発および既存商品のブラッシュアップを目指す事業者、クリエイター、アドバイザーで構成されます。
  • 売場でのリアルな消費者ニーズを把握し、「売れる商品」を見極める視点を持つアドバイザーに、商品開発にあたって、トータルにサポートしていただきます。
  • 自社の保有する技術、取り扱える素材、既存商品などをいかに活用して商品開発を進めるのか、方向性やコンセプトづくりのサポートを、アドバイザーに行っていただきます。本事業終了以降の商品開発にも活かせる“マーケティング発想力”を身に付けてもらえる場とします。
  • 外部クリエイターの活用を図りたい事業者へのマッチングもサポートします。また、クリエイター自身で新商品の企画・開発・販売までを実施したい場合も、プロジェクトへの参画が可能です。(必ずしも事業者と組んでプロジェクトに参画しなければならないわけではありません)
  • 新規開発商品およびブラッシュアップした既存商品については、CCCと協議の上、「蔦屋書店」や複合商業施設「T-SITE」などCCCの運営する実店舗にてテストマーケティングを実施する予定です。(実施時期:2019年2月頃を予定)

    ※CCCのバイヤー目線で、一定のクオリティを有していると判断された商品が対象となります。

※テストマーケティングを実施する店舗は、現時点では未定です。

4.アドバイザー
  • 総合アドバイザー / カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)
    文化やモノ・コトを通してライフスタイルを提案する「蔦屋書店」や複合商業施設「T-SITE」を運営しており、「生活のあらゆるフェイズを通じ、“自分らしさ”を持っている人々へ新しいライフスタイルの提案をしつづけることで、ヒトと世の中をより楽しく幸せにする環境をつくっていくことを社としてのコンセプトにしている。参加事業者のさらなる多様化に伴うさまざまな感性価値への対応に向け、書店をベースに幅広い世代、あらゆるジャンルの商品の取扱いとライフスタイル提案を行っているCCCから、プロジェクトの段階に応じてそれぞれの領域の担当者をアドバイザーとして迎える予定。消費者に最も近い立場から、トータルでアドバイスを行う。
  • マーケティングアドバイザー / KRMK 犬塚星司氏
    (株)博報堂にてマーケティング・プランナー、(株)博報堂コンサルティングにてブランド・コンサルタントとしてクライアント企業のブランド戦略構築に従事。博報堂グループ退社後は、シリコンバレー発のファッションECベンチャー The RealRealの最高戦略責任者(CSO)として事業戦略、マーケティング、ユーザーエクスペリエンスデザインなどを統括。同社の日本における事業売却を経て、現在は自身のコンサルティング・ファーム“KRMK / Kromack”を主宰。経営戦略、ビジネスモデル、ユーザーエクスペリエンス、マーケティング、組織変革、海外展開など幅広い視点からの「ブランド戦略構築」が強み。
    目指したいブランドのゴールイメージの設定、それに向けた全体フレームの構築、市場分析、ターゲット設定まで、マーケティングの視点からアドバイスを行う。
5.全体スケジュール ※日程と一部内容は変更になる場合がございます。
(平成30年7月9日追記)
公募説明会を7月18日(水)に延期したことに伴い、応募締切日を7月20日(金)、選考結果通知を7月24日(火)に延期しております。なお、第1回研究会は7月30日(月)で変更ありません。
全体スケジュールの表
6.公募説明会 開催について

プロジェクトの参加事業者を公募するにあたり、下記日程で説明会を開催いたします。

【日時】 2018年7月18日(水) 13時00分~15時00分

【会場】 中国経済産業局 合同庁舎2号館2F 第1会議室(広島市中区上八丁堀6-30)

【応募先・問合せ先(事務局)】

株式会社Conoma(担当:稲葉)
E-mail:iimono@conoma.net
ご所属、お名前、部署・役職、電話番号、メールアドレスを明記の上、上記アドレス宛にお送りください。

【説明会参加締切】 2018年7月17日(火)15時00分

7.プロジェクトへの応募について

応募フォーム用紙(クリエイター用(WORD形式:21KB)事業者用(WORD形式:21KB)にご記入いただき、メール添付(PDF/ JPEG)にてご提出ください。
説明会に参加していない事業者・クリエイターでも応募可能です。
応募をご検討される場合は、お気軽に事務局までご相談ください。

【応募締切】 2018年7月20日(金)18時00分

【応募先・問合せ先(事務局)】

株式会社Conoma(担当:稲葉)
E-mail:iimono@conoma.net

本プロジェクトに参加される事業者・クリエイターは7月30日(月)に開催される第1回研究会にご参加をお願いします。

【留意事項】

  • 開発テーマにおいて、同一業種と考えられる商品を製作する事業者からの申込みが複数社ある場合、当該の開発予定商品の市場可能性等の評価を行い、1社に選定させていただきます。
  • プロジェクトへの参加申込が多数あった場合、アドバイザーと運営事務局にて選考を行い、参加事業者の絞り込みをさせていただきます。
  • 研究会への参加費は無料です。但し、各種活動時における交通旅費や通信運搬費、商品開発に関わる直接的な費用(試作開発費、外部クリエイターへの報酬・交通費など)については、事業者の負担となります。
  • パイロットショップ展開における会場費、プロジェクト全体に関わる装飾や配布物等はプロジェクトにて負担しますが、事業者単体で使用するツール等については、事業者の負担となる可能性があります。
  • デザイン契約ならびにその報酬、知的財産権の取扱については、事業者・クリエイター双方の協議により決定してください。
  • 研究会参加にあたっては、秘密保持契約を取り交わしていただきます。
  • 本プロジェクトの趣旨に合致しないと判断された場合は、プロジェクトへの参加をお断りすることがあります。

【このページに関するお問合せ先】

中国経済産業局 産業部

流通・サービス産業課

電話:082-224-5655

FAX:082-224-5642