平成29年度「ロボット導入実証事業」の採択案件を決定しました

平成29年9月29日

中国経済産業局 地域経済部

参事官(自動車・航空機・産業機械担当)

経済産業省及び日本ロボット工業会は、「ロボット導入実証事業」について、243件の応募の中から55件の提案を採択しました。

なお、中国地域からは13件の応募があり、下記4件が採択されましたので、お知らせします。

全国の採択結果及び事業の詳細はこちら(PDF形式:186KB)からご覧ください。

1.採択事業者

①A類型:未活用領域における導入実証・FS事業

  • 企業名:
  • (株)北斗園(広島県安芸郡熊野町、法人番号6240001036212)
  • 事業名:
  • 熊野筆の技術を生かしたネイル筆製造工程のロボット化
  • 企業名:
  • 堂本食品(株)(広島県広島市、法人番号8240000000000)
  • 事業名:
  • ロボットによる食品の重量検査作業とパレタイズ作業の標準化
  • 企業名:
  • (株)タカキベーカリー(広島県広島市、法人番号7240001015512)
  • 事業名:
  • 人協調ロボットとパラレルリンクロボットを組み合わせたラベル貼付システム

②B類型:コスト削減に向けたSIプロセス実証事業

  • 企業名:
  • (株)テック(広島県竹原市、法人番号5240001037310)
  • 事業名:
  • 2台のパラレルリンクロボットを組み合わせた効率的なピッキングシステムの実現
2.参考情報

ロボットシステムの構築には、最適なロボットシステムの構想から設計、導入等一連の作業(ロボットシステムインテグレーション、ロボットSI)が必要不可欠で、ロボットシステムインテグレータ(ロボットSIer)と呼ばれる、ロボットを取り扱う専門のエンジニアリング企業等が幅広く担っております。

ロボットSIerをお探しの場合など、詳しくは、ロボット活用ナビをご参照ください。

ロボットSIerの概要

【お問合せ先】

中国経済産業局 地域経済部 地域経済課

参事官(自動車・航空機・産業機械担当)宅見

担当者:和崎、黒谷

電話:082-224-5760(直通)