文字サイズの変更

もうけの落とし穴 もうけるつもりが大失敗!知らなきゃ損する、知財の盲点

特許権の「権利範囲」に関する落とし穴

特許権の取得だけでは不十分。権利範囲の理解とチェックが必要です。

模倣品への特許侵害警告の落とし穴

侵害警告の際には専門家とよく相談しましょう。

実用新案の権利における落とし穴

実用新案は登録しただけでは権利の有効性は認められません。

制作発注の契約における落とし穴

開発を外部に依頼する場合は、事前の契約が大切です。

企業間の不正行為は不正競争防止法で追放

意匠登録がなされていないからと模倣するのは危険な行為です。

共同出願特許の権利範囲の落とし穴

特許権を共有する場合、事前契約がないと大変な目にあう危険性が。

商標登録における落とし穴

指定商品、指定役務のことを知らないと失敗する可能性が。

特許料の不納でライセンス契約違反

特許権者が特許料を支払わない場合、特許は消滅します。

登録商標と使用商標

商標登録の際には商標の態様について十分な検討が必須。

先使用権とその証明

先使用が認められるためには、諸条件が整っていることが必要です。

技術開発と出願要否の判断

新たな開発では特許になる可能性を検討することが望ましい。

特許出願とノウハウ管理編

製造方法のノウハウ管理もしないといけないの?

日本での特許権と、海外への国際特許出願

特許権の効力が認められる範囲は自国領域内に限られます。

営業秘密篇

不正競争防止法の保護を受けるための3つの要件とは。

特許出願における権利範囲 篇

追加機能も可能な範囲の出願が望ましい。

審査請求のタイミング

審査請求費用を無駄にしないためにタイミングは慎重に!

海外展示会でまさか 篇

海外の展示会に出展!しかし、販売する前に模倣品が出回ってしまった!