局からのお知らせ

いい会社づくりプロジェクトについて

地域経済部 産業人材政策課
電話:082-224-5683
FAX:082-224-5745

中国経済産業局では、「地域中小企業・小規模事業者の人材確保支援等事業」として、地域内外の若者・女性・シニア等の多様な人材から地域の中小企業・小規模事業者の皆様が必要とする人材の発掘・紹介・定着支援を目的にマッチング等の様々な事業を実施していますが、そのうち島根県中小企業団体中央会が実施する「いい会社づくりプロジェクト」についてご紹介します。

「いい会社づくり」について

国税庁の調査によると、法人の63.5%が赤字法人(平成28年度)ですが、一方、企業の業績のわかる各種資料や、法政大学大学院坂本光司教授の過去40年以上に及ぶ約7,500社の現地調査によると、わが国企業の1割は、過去10年どころか20年以上、好不況を問わず、赤字経営になったことがないばかりか、その売上高経常利益率も5%前後以上を持続している「いい会社」であるということがわかりました。そこで島根県中小企業団体中央会は、法政大学大学院坂本光司研究室がいい会社が実践している共通項を「いい会社100の経営指標」としてとりまとめた指標を用い、経営改善に係るPDCAサイクルを回す企業活動を支援しています。

100の経営指標は、下に示す10の経営指標をそれぞれ更に10項目ずつ細分化したものです。

従いまして、この指標の点数が高い企業ほど「いい会社」に向けた努力がなされているといえます。

10の経営指標

100の経営指標についての詳細は、「日本でいちばん大切にしたい会社」がわかる100の指標(坂本光司/坂本光司研究室:朝日新聞出版)でご覧いただけます。

島根のいい会社100NAVI

いい会社づくりを進めている事業者は、島根県中小企業団体中央会が運営するウェブサイト「島根のいい会社100NAVI」に登録することができます。

このサイトは、島根大学のキャリア教育の講義でも紹介されていることから、採用力の向上にも繋がることが期待されます。

取組事例紹介

平成28年度からいい会社づくりに取り組んでいる事業者の事例をご紹介します。

あるサービス業の経営者の方は市場縮小により業績が悪化していると思っていた様子で、平成28年度に開催した「いい会社づくりセミナー」に参加されました。

その後「100の指標診断」、「個別コンサルティング」に申し込んでいただいたことから、診断員を派遣し、診断及びコンサルティングを実施しました。その後診断結果を基に、「現在顧客と未来顧客に関する指標」について取り組んでいただくことになり、「見込み客を集め、信頼関係を構築し、継続できる仕組みづくり」を実践しました。

経営者の方は業績悪化の原因が市場縮小によるものと思い込んでいたようですが、実際はマーケティング不足や社員のコミュニケーション不足が原因であったことが分かり、様々な取り組みを進めた結果、「いい会社づくり」のサイクルが構築され、それと共に業績も回復、社員のモチベーションが向上し、社員の定着にも繋がり、前年度の年間売上を半年で達成する店舗もありました。

いい会社づくりセミナーの開催

平成30年5月28日に島根県浜田市で、平成30年5月29日に島根県松江市で、「いい会社づくりセミナー」を開催し、浜田会場には19社26名、松江会場には52社69名の方に出席していただきました。

「いい会社づくりセミナー」チラシ

第一部では、一般社団法人リーダーシップ協会の武田代表理事から、「あなたは何型リーダー?タイプを知って生産性を高める3つのステップ」と題し、リーダーが部下に対しどのような態度で接すれば良いのか、業務に対するモチベーション維持のために必要なコミュニケーションなどについてご講演いただきました。

第二部では、株式会社ドリームサポートの岡田社長から、100の指標について説明、そして、これまで島根県内の43社に診断を実施した結果、平均点は53.6点となりましたが、高得点の企業と低得点の企業との違いに着眼したところ、点数に差が出やすい項目は「6社員の確保・育成・評価に関する指標」、「9中長期経営計画・経営理念等に関する指標」及び「10経営全般に関する指標」であることが分かったことなどをご説明いただきました。

「いい会社づくりセミナー」様子
いい会社になるためのステップについて

本事業の流れは、以下のとおりです。

ステップ1 経営診断
まずは100の指標に基づき、経営者自らが自己診断してみてください。また、社員にも診断していただくことにより経営者と社員の認識の違いに気づくこともできます。
ステップ2 診断認証
希望される事業者には専門家が訪問し、自己診断内容を確認し、採点いたします。
ステップ3 実践
診断結果に基づくコンサルティングを希望される場合は、専門家を派遣いたします。
100の指標による診断は、企業の定期健康診断です。従いまして、定期的に診断を実施し自社の状況を見つめ直すことが重要です。

今年度は8社を診断し、希望があればその後のコンサルティングも2社で実施することにしております。

詳細につきましては島根県中小企業団体中央会にお問い合わせください。

記事一覧に戻る

経済産業省 中国経済産業局 電子広報誌

ちゅうごく地域ナビ 2018年6月20日掲載

Copyright 2018 Chugoku Bureau of Economy,Trade and Industry.

ページの先頭へ戻る