局からのお知らせ

魅力発信プロジェクトについて

第8回「キャリア教育アワード」最優秀賞(経済産業大臣賞)を受賞

産業人材政策課
電話:082-224-5683
FAX:082-224-5765

中国経済産業局では、中国地域を支える中小企業等の人材確保を支援するため、「平成29年度地域中小企業人材確保支援等事業」のひとつとして、魅力発信事業を展開しています。その事業内容及びこの度、第8回「キャリア教育アワード」最優秀賞(経済産業大臣賞)を受賞した「魅力発信プロジェクト」の内容をご紹介します。

「地域中小企業人材確保支援等事業」では、地域内外の若者・女性・シニア等の多様な人材から地域の中小企業・小規模事業者の皆様が必要とする人材の発掘、紹介、定着支援として、全国各地で合同企業説明会や人材との交流会、新人定着研修といった様々な事業を実施しています。

魅力発信事業の概要
1.魅力発信プロジェクトについて

一般社団法人中国地域ニュービジネス協議会では、中国地域5県の中小企業を対象に、企業の若手社員と学生の協同による企業の魅力発信ツール(採用パンフレット)を作成するとともにプロジェクトマネジメントについても理解していただく事業を実施しています。地域中小企業では、大企業に比べ知名度が低いことなど様々な要因により、採用予定人員を確保できず、若手の人材不足や採用難に悩まされています。

一方で、地元志向や地域に貢献したいと考える学生も増えてきているといわれています。

そこで、地域中小企業の特色や独創性など、個々の企業が有する魅力をうまく学生に伝えることができれば、その企業を志望する学生が増え、採用予定人員を確保できると共にミスマッチの解消にも繋がると考えています。

魅力発信プロジェクトでは、「学生が知りたいこと」と「企業が伝えたいこと」とのギャップを埋め、「学生の視点・表現を活かした、学生がエントリーしたくなる採用パンフレットの作成」及び「プロジェクトを経験することによる若手社員の成長」の二点を目指します。

今年度は、島根県1社、岡山県1社、広島県8社、山口県2社の計12社と各県の学生チームをマッチングし、12組のプロジェクトチームを編成しました。


プロジェクトチームの一覧
県名 プロジェクト名 企業名 大学名
島根県 質実鋼剣 -ものヅクリ・ひとヅクリ- 株式会社守谷刃物研究所 島根大学
岡山県 SMILE EVOLUTION 株式会社建美装社 就実大学
広島県 Plus Ultra旭調温工業㈱ -更なる高みへ- 旭調温工業株式会社 広島工業大学
広島県 EVERY-WIN Project 株式会社エブリイ 福山市立大学
広島県 酒 −みずどり− 賀茂鶴酒造株式会社 広島大学
広島県 メタルスライムプロジェクト 株式会社キーレックス 広島大学
広島県 FUN FAN PROJECT 株式会社フォノグラム 広島市立大学
広島県 縁とゆかりプロジェクト 三島食品株式会社 県立広島大学
広島県 世界に翔け!Take Steps MenTec 株式会社メンテックワールド 広島大学
広島県 R×Y=∞プロジェクト リライアンス・セキュリティー株式会社 安田女子大学
山口県 No Takayama, No Life 高山産業株式会社 山口県立大学
山口県 フジマ行ってみたらホントはこんなトコだったプロジェクト 株式会社フジマ 山口大学

タイムスケジュール タイムスケジュールの表

まず、6月に参加企業の若手社員には「プロジェクトマネジメント研修」においてプロジェクトマネジメントの基本について学んでいただきました。

一方、参加学生には「企業研究の進め方研修」を受講していただき、プロジェクトのスケジュールを理解していただくと共に企業研究の進め方を学んでいただきました。続いて「ビジネスマナー研修」でビジネスマナーの基本を学んでいただき、企業訪問への心構えを身につけていただきました。


6月末から各社で、順次企業と学生の顔合わせを行い、キックオフミーティングを実施しました。キックオフミーティングでは、まず学生が実施した企業研究の結果を発表し、その後事前に企業側が作成していたプロジェクトの計画書及び工程表について意見交換を行い、プロジェクト名称やスケジュールの調整を行いました。

キックオフミーティング後は、12月のグランプリでの発表に向けて、各チームで決めた計画書及び工程表に基づいてミーティング等を重ね、採用パンフレットと魅力発信グランプリで使用するプレゼン資料を作成、また併行して、コミュニケーション能力の向上を目的として、8月には「聴く力」セミナーを、9月には「伝える力」セミナーを開催し、プロジェクト参加メンバー全員に受講していただきました。

キックオフミーティングの写真
キックオフミーティングの写真
2.魅力発信グランプリの模様

平成29年12月2日(土)に、県立広島大学大講義室において「魅力発信グランプリ2017」を開催し、このプロジェクトに参加した12企業のプロジェクトチームにおける「プレゼンバトル」が行われました。

プレゼン時間は15分、審査員4名との質疑応答を5分で実施しましたが、各チームとも本番に向けて何度も練習を重ねてきた成果を発揮し、素晴らしいプレゼンテーションを行いました。

プレゼンバトルの写真
プレゼンバトルの写真
プレゼンバトルの写真
プレゼンバトルの写真

全てのチームによるプレゼンテーションが終了した後、審査員による厳正な審査の結果、各賞について下記のとおり決定しました。


  • 最優秀賞

    株式会社エブリイ[EVERY-WIN Project]/福山市立大学

  • 優秀賞

    株式会社フォノグラム[FUN FAN PROJECT]/広島市立大学

  • 敢闘賞

    髙山産業株式会社[No Takayama,No Life]/山口県立大学

    三島食品株式会社[縁とゆかりプロジェクト]/県立広島大学

    株式会社メンテックワールド[世界に翔け!Take Steps MenTec]/広島大学

  • 日本プロジェクトマネジメント協会様より「プロジェクトマネジメント賞」

    株式会社エブリイ[EVERY-WIN Project]/福山市立大学

表彰式の写真

グランプリ開催後は、平成30年1月から2月にかけて、中国5県で事業者の皆様を対象に、どのような採用戦略をとれば若者がエントリーしてくれるのかのノウハウを学んでいただく「大手の採用に負けない!中小企業のための採用戦略セミナー」を開催します。

2月末には、魅力発信グランプリ終了後に各社でブラッシュアップした採用パンフレットを提出して頂きます。

3.「キャリア教育アワード」最優秀賞受賞について

魅力発信プロジェクトは今年度で7回目の開催となりますが、昨年度から採用パンフレットを作成する形式に改めています。この取組を通じて、多くの中小企業において採用に特化したパンフレットを作成していないということが浮かび上がってきました。

若年者の人口は年々減少しており、年を追う毎に採用の環境は厳しさを増すばかりです。そのような状況の中、自社の魅力を発信するツールを持たない企業は、求職者の目に留まらない可能性が高いといえます。


魅力発信プロジェクトは、会社の魅力をしっかり引き出した採用パンフレットを作成するだけではなく、自社の若手社員にプロジェクトマネジメントを学び実践する場を与え、社員の成長にも繋がる事業です。

大学生においても、企業の課題解決に取り組むことにより社会人基礎力の育成に繋がり、一般的なインターンシップより深く企業のことを理解できる効果があります。


そのような点が評価され、経済産業省が産業界による優れた教育支援活動を表彰する第8回「キャリア教育アワード」中小企業の部において、当プロジェクトが最優秀賞(経済産業大臣賞)を受賞しました。

表彰式の写真
表彰式の写真
4.魅力発信事業について

地域内外の人材に対し、知名度の低い地域中小企業・小規模事業者の多様な事業内容や魅力等を発信することを目的として、「魅力発信プロジェクト」の他に以下の事業を実施しています。

  1. 課題解決型インターンシップ

    鳥取県では特定非営利活動法人学生人材バンクが、長期及び短期の課題解決型インターンシップを実施しています。短期インターンシップを活用して、「鳥取シゴト記者クラブ」のウェブサイトを構築しています。

    鳥取シゴト記者クラブのウェブサイト

    島根県では島根県中小企業団体中央会が、広島県では株式会社帝国データバンクが短期の課題解決型インターンシップを実施しています。

  2. いい会社づくりによる魅力発信

    島根県中小企業団体中央会では、法政大学の坂本光司研究室が提唱する「いい会社100の指標」に基づく魅力度診断を実施するとともに、「いい会社」になるための個別コンサルティングを実施し、その結果をウェブサイトに公表することで、魅力ある企業の情報発信を行っています。

    しまねのいい会社100NAVIのウェブサイト
  3. 企業紹介冊子の作成

    岡山県中小企業団体中央会では、魅力ある企業の情報を冊子にまとめ情報発信を行うとともに、同会が運営する企業情報サイトでも地域中小企業の取組や就職情報を発信しています。

    きら☆おかのウェブサイト

記事一覧に戻る

経済産業省 中国経済産業局 電子広報誌

ちゅうごく地域ナビ 2018年1月16日掲載

Copyright 2017 Chugoku Bureau of Economy,Trade and Industry.

ページの先頭へ戻る