「BCP(業務継続計画)策定促進セミナー」の開催について(ご案内)

平成30年4月26日

中国経済産業局 地域経済部

参事官(ものづくり産業担当)

熊本地震をはじめ、近年、企業にとって不測の事態が様々な場所で発生しており、中国地域においても、4月に島根県において震度5強の地震が発生しております。このような中、安心して事業を続けていくためには、不測の事態に備えた「BCP(業務継続計画)」を策定して社内へ浸透させるとともに、企業間や他地域とのネットワーク形成・連携の強化を図り、緊急時の協力体制、サプライチェーン強化につなげるための関係構築が必要です。

本セミナーでは、企業の皆様が不測の事態に負けない体制の構築を促進するため、緊急時の協力体制、サプライチェーン強化に先進的に取り組んでいる大企業や九州地域の中小企業の方を講師として迎え、BCP策定の重要性・メリットや先進的な取組事例をご紹介いたします。

※BCPとは:災害や事故などが発生した際に、企業や行政組織において、基幹事業の継続や早期に事業を再開するために策定する行動計画。

開催概要
  • 【日時】
  • 平成30年5月30日(水)13時30分~16時45分
  • 【場所】
  • 福山商工会議所 102会議室(広島県福山市西町2-10-1)
  • 【定員】
  • 100名
  • 【内容】
  • 開会挨拶 13時30分~13時35分

    講演① 13時35分~15時35分

    演題:「BCP策定で、企業は何を優先すべきか ~熊本地震の実体験から有効性を検証~」
    講師:ソニー株式会社 執行役員 上田康弘 氏
    (九州半導体・エレクトロニクスイノベーション協議会会長)
    ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング株式会社 ご担当者

    講演② 15時45分~16時30分

    演題:「BCP策定取組と熊本地震での効用」
    講師:天草池田電機株式会社 常務取締役 池田博文 氏

    質疑応答 16時30分~16時40分

    閉会挨拶 16時40分~16時45分

  • 【参加料】
  • 無料
  • 【主催】
  • 中国経済産業局
    公益財団法人中国地域創造研究センター
    備後半導体技術推進連合会
  • 【申込方法及び期限】
  • 参加申込書(WORD形式:93KB)に必要事項を記載の上、FAXまたはE-mailにてお申し込みください。

    申込み期限:平成30年5月25日(金)

【このページに関するお問合せ先】

中国経済産業局 地域経済部

参事官(ものづくり産業担当)

電話:082-577-7761

FAX:082-224-5765