平成30年度コンビナートシンポジウム開催のご案内

平成30年12月6日

中国経済産業局 資源エネルギー環境部

エネルギー対策課

我が国のコンビナート企業を巡る需要環境の変化や国際競争が激化する中、RING事業等により、コンビナートの最適な生産体制の構築を推進してきましたが、ここに来て、企業合併や設備統合等、企業間連携が急速に進んでいます。一方、人手不足、設備老朽化、海外展開、高付加価値化、AI・IoT導入、災害対応等新たな課題が顕在化しています。このような中、我が国の各コンビナートがそれぞれの強みを活かし、さらなる連携拡大等により発展していくための方策について、第一線のコンビナート関係者で討論を行います。

1.開催日時・場所

<シンポジウム>

  • 【日時】
  • 平成31年1月23日(水)13時10分~17時00分
  • 【場所】
  • 倉敷アイビースクエア オパール(岡山県倉敷市本町7-2)

<交流会>

  • 【日時】
  • 平成31年1月23日(水)17時15分~18時45分
  • 【場所】
  • 倉敷アイビースクエア アイボリー(同上)

<見学会>

  • 【日時】
  • 平成31年1月24日(木) 9時00分~12時00分
  • 【場所】
  • JXTGエネルギー株式会社水島製油所(岡山県倉敷市潮通二丁目1番地)
2.主催等
  • 【主催】
  • 中国経済産業局
  • 【後援】
  • 岡山県、山口県、倉敷市、周南市、公益社団法人 山陽技術振興会
  • (予定)
  • 石油コンビナート高度統合運営技術研究組合、石油化学工業協会
    石油連盟、一般社団法人 日本化学工業協会
3.参加費

無料(交流会は参加費5,000円を要します)

4.定員

シンポジウム:先着100名
見学会:先着40名

※見学会は企業・行政機関等の関係者限り。

5.シンポジウム内容

(1)基調講演「(仮)コンビナート新時代 」

東京理科大学大学院 イノベーション研究科 教授 橘川武郎 氏

(2)石油精製関連施策の紹介

資源エネルギー庁 資源・燃料部 石油精製備蓄課

(3)石油化学関連施策の紹介

経済産業省 製造産業局 素材産業課

(4)パネルディスカッション

【テーマ】

「ここまで進んだコンビナート連携、そして新たなステージへ」

【コーディネーター】

山口大学大学院 技術経営研究科 教授 稲葉和也 氏

【パネリスト】

(鹿島地区)鹿島石油株式会社鹿島製油所 副所長 吉岡範英 氏
(水島地区)三菱ガス化学株式会社 執行役員水島工場長 川端嗣二 氏
資源エネルギー庁 資源・燃料部 石油精製備蓄課
経済産業省 製造産業局 素材産業課

【コメンテーター】

東京理科大学大学院 イノベーション研究科 教授 橘川武郎 氏

(5)交流会(倉敷アイビースクエア アイボリー)

6.詳細
7.お申込み方法

平成31年1月16日(水)までに、「開催案内チラシ」をダウンロードし、裏面の参加申込書にご記入の上、エネルギー対策課へFAX(082-224-5647)又はEメ-ルでお申し込みください。

なお、見学会については、定員になり次第、受付を終了しますので、あらかじめご了承ください。

【このページに関するお問合せ先】

中国経済産業局 資源エネルギー環境部

エネルギー対策課(担当:山形、舟木、金縄)

電話:082-224-5741

FAX:082-224-5647

E-mail:cgk-shoene@meti.go.jp