平成27年度コンビナートシンポジウム開催の御案内

平成27年12月24日

中国経済産業局 資源エネルギー環境部

エネルギー対策課

 我が国のコンビナートを取り巻く状況は、国内需要の減少や海外との競争激化に対応するための大きな変革期を迎えているとともに、水素社会実現に向けた取組など、コンビナートと地域が一体となった新たな取組も活発化しています。

 今後も国内のコンビナートが持続的な発展を続けるため、さらなる連携による競争力強化を図り、さらにはコンビナートから地方を元気にすることを目指し、国内のコンビナート企業や行政機関等の関係者による「平成27年度コンビナートシンポジウム in 大分」を開催します。

 本シンポジウムはこれまで、当局が中国地域内で開催してきましたが、広くコンビナートの競争力強化と地域発展の方策を探ることを目的に、本年度は、九州経済産業局、大分県、大分市、大分コンビナート企業協議会と連携し、大分市で開催します。

  • 1.開催日時・場所

    <シンポジウム>

    • 日時  平成28年1月20日(水)13時30分~17時15分
    • 場所  大分オアシスタワーホテル 孔雀の間(大分市高砂町2-48)

    <見学会>

    • 日時  平成28年1月21日(木) 9時30分~11時30分
    • 場所  (1)昭和電工株式会社大分コンビナート(大分市大字中ノ州2)

      (2)JX日鉱日石エネルギー株式会社大分製油所(大分市大字一の州1-1)

  • 2.主催等

    • 主催:九州経済産業局、大分県、大分市、大分コンビナート企業協議会
    • 共催:中国経済産業局
    • 後援:岡山県、山口県、倉敷市、周南市、公益社団法人 山陽技術振興会、

       石油化学工業協会、石油連盟、一般社団法人 日本化学工業協会

  • 3.参加費

    • 無料(但し、交流会に出席される場合は、5,000円)
  • 4.定員

    • シンポジウム:150名  見学会:80名(各コース40名)

      ※見学会は企業・行政機関等の関係者限り。

  • 5.シンポジウム内容

    (1)基調講演

    • 「大分コンビナートと地域経済~水素活用も視野に入れて~」

      東京理科大学大学院 イノベーション研究科 教授 橘川武郎 氏

    (2)大分県及び大分市の取組紹介

    (3)石油関連施策・予算の紹介

    資源エネルギー庁 資源・燃料部 石油精製備蓄課

    (4)パネルディスカッション

    <テーマ>「コンビナートから地方を元気に」

    <コーディネーター>

    山口大学大学院 技術経営研究科 教授 稲葉 和也 氏

    <パネリスト>

    • NPO法人産業・環境創造リエゾンセンター 専務理事 菅原 久雄 氏
    • 株式会社トクヤマ 徳山製造所 副所長 山本 泰 氏
    • 昭和電工株式会社 執行役員 大分コンビナート 代表 竹内 陽一 氏
    • 経済産業省 製造産業局 化学課

    <コメンテーター>

    • 東京理科大学大学院 イノベーション研究科 教授 橘川 武郎 氏

    (5)交流会(大分オアシスタワーホテル 孔雀の間)

  • 6.詳細

  • 7.お申込み方法

    • 平成28年1月15日(金)までに、「開催案内チラシ」をダウンロードし、裏 面の申込みフォームにご記入の上、FAX(092-482-5538)でお申し込みください。

      なお、見学会については、定員になり次第受付を終了すると共に、コース間で人 数を調整させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【お問合せ先】

中国経済産業局 資源エネルギー環境部

エネルギー対策課(中迫、安部)

電話:082-224-5741

FAX:082-224-5647