「化学物質管理セミナーキャラバン2015」の開催

平成28年1月12日

中国経済産業局 地域経済部

地域経済課

 平成24年4月、国際整合の観点から、国連で制定されたGHS※の導入の促進を目的として、指定化学物質等の性状及び取扱いに関する情報の提供の方法等を定める省令(特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律、以下「化管法」SDS省令)等の改正が行われました。

 本改正により、(1)化管法に基づくSDSの記載項目がGHSに対応した16項目に拡大、(2)化管法指定化学物質について、新たにラベル表示を行うことが努力義務化、(3)化管法に基づくSDS及びラベルの作成・提供に際しては、国連GHSに対応したJIS Z 7253※に適合する方法で行うことが努力義務化され、JIS Z 7253に適合したSDS及びラベルの提供に関する規定は、純物質については、平成24年6月1日に施行、混合物については、平成27年4月1日に施行されています。

 経済産業省では、より多くの事業者の皆様に化管法に基づくSDS及びラベル表示についてご理解いただき、適切な情報伝達を行っていただくため、化管法に基づくSDS及びラベルの作成方法について説明する化学物質管理セミナーを以下の日程により全国5地域で開催することといたしました。

 本セミナーでは、SDS及びラベル作成に必要なGHS分類に関し、GHS分類の手引書「事業者向けGHS分類ガイダンス」及び混合物のGHS分類に関する支援ツール「GHS混合物分類判定システム」を用いて説明いたします。多くの方々の参加をお待ちしています。

*GHS(The Globally Harmonized System of Classification and Labelling of Chemicals)=化学品の分類及び表示に関する世界調和システム

*JIS Z 7253=GHSに基づく化学品の危険有害性情報の伝達方法-ラベル、作業場内の表示及び安全データシート(SDS)

  • 【日程及び開催地域】

    1月20日(水)東北会場、1月22日(金)九州会場、2月12日(金)中部会場、

    2月18日(木)東京会場、2月23日(火)近畿会場

    各回13時30分~17時15分

  • 【会場】

    東北会場:東京エレクトロンホール宮城 中会議室401(仙台市青葉区国分町3-3-7)

    九州会場:福岡ビル9階貸ホール 大ホール(福岡市中央区天神1丁目11番17号)

    中部会場:名古屋銀行協会 大ホール(名古屋市中区丸の内2-4-2 5階)

    東京会場:NSスカイカンファレンス ホールA+B(新宿区西新宿2丁目4番1号新宿NSビル)

    近畿会場:新大阪丸ビル別館 会議室I(大阪市東淀川区東中島1-18-22 丸ビル別館)

  • ※開催日・会場の予定は、変更される可能性がございます。あらかじめ御了承ください。

  • 【対象】

    化管法に基づくSDS及びラベル作成の対象者となる指定化学物質取扱事業者(製造・販売・輸入事業者等)

  • 【定員】

    東北会場:50名程度、九州会場:100名程度、中部会場:150名程度、

    東京会場:300名程度、近畿会場:250名程度

  • 【参加費】

    いずれの会場も無料

  • 【参加申込】

    経済産業省から委託を受け運営等を行っている「みずほ情報総研株式会社」のウェブサイト外部サイトからお申込みください。

    ※当日お申込みの際の確認メールを印刷してお持ちいただく必要があります。

  • 【セミナー詳細】

    詳細は、同じくみずほ情報総研株式会社のウェブサイト外部サイトをどうぞ

  • 【お問い合わせ】

    みずほ情報総研株式会社

    環境エネルギー第1部 化学物質管理セミナー事務局 (担当:秋山、後藤、中村)

    TEL:03-5281-5491

    E-Mail:ghs_caravan2015@mizuho-ir.co.jp