化学物質管理セミナー キャラバン2012
〜化学物質管理における事業者の役割と情報伝達の重要性〜
平成24年11月26日
中国経済産業局 地域経済部
地域経済課
 近年、多種多様な化学物質が広く利用されており、日常生活に様々な便利さを提供しています。他方、化学物質は、使い方を誤ると人や環境に対して悪影響を及ぼす可能性があります。
 このような化学物質を適正に管理するため、改正された化審法(※1)に基づく届出・申出等や、化管法(※2)安衛法(※3)等に基づく化学品の危険有害性情報の提供(表示・SDS制度* )など、事業者が行う取組は非常に重要となっています。

 平成24年度は、改正化審法における一般化学物質等の届出開始から2年目にあたり、より正確なスクリーニング評価、リスク評価を行うために、製造・輸入事業者の皆様からの届出や、有害性情報の提供が正しく行われることがより一層重要となってきています。

 また、化管法及び安衛法は、GHS* に基づく化学品の危険有害性情報の伝達の導入を促進することを目的として、平成24年、省令等の改正を行いました。経済産業省や厚生労働省は、事業者の皆様にGHSに対応した化管法・安衛法に基づく情報伝達を実施していただくため、GHSに基づく分類や表示に関するJISの整備を行うなどの取組を進めております。

 そこで、経済産業省は、改正化審法の一般化学物質・優先評価化学物質等の届出に関する内容や、省令等改正を行った化管法・安衛法に基づく化学品の情報伝達などの概要について説明する「化学物質管理セミナー キャラバン2012」を全国8カ所で開催することといたしました。なお、安衛法部分については、厚生労働省にご協力いただいています。
 
 本セミナーは、化学物質の製造・輸入を行っている企業の方々だけでなく、化学物質管理にご関心をお持ちの方々を広く対象としております。皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

※1: 「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律」
※2: 「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」
※3: 「労働安全衛生法」

  1. 開催日程、開催場所等
     2013年1月16日(水) 13:00〜16:20
     (12:30受付開始)
     広島合同庁舎 4号館 2階 共用第11会議室
     (広島市中区上八丁堀6−30)

  2. 参加費
     無料

  3. セミナーへの参加申し込み方法

  4. お問い合わせ先(事務局)
     事務局は、経済産業省がみずほ情報総研株式会社に委託して運営しておりますので、お問い合わせは下記までお願いいたします。
    • みずほ情報総研株式会社
      環境エネルギー第1部 化学物質管理セミナー事務局(担当:渡邉、芦ヶ原、井上)
      E-Mail:caravan2012@mizuho-ir.co.jp
      電話:03-5281-5491
 

セミナープログラム(予定)

13:00〜14:20 【テーマ】
 改正化審法に基づく届出の良くある間違いと留意事項 及び 優先評価化学物質の追加等について
  • <講師>
     経済産業省、(独)製品評価技術基盤機構
  • <内容概要
    • 改正化審法のポイント
    • 改正化審法に基づく届出について(よくある間違い、用途分類方法等の留意事項)
    • リスク評価の全体像
    • 平成23年度届出情報を用いた一般化学物質のスクリーニング評価結果
    • 優先評価化学物質に追加された物質について
14:20〜14:40 休憩
14:40〜16:20 【テーマ】
 化学品の情報伝達の重要性
  • <講師>
     経済産業省
  • <内容概要
    • 化学品の情報伝達の必要性
    • GHSによる分類・表示の概要
    • 情報伝達のための各種ツールについて(分類ガイダンス、JISなど)
【テーマ】
 化管法における情報伝達
  • <講師>
     経済産業省
  • <内容概要
    • 化管法とは
    • 化管法における情報伝達について(省令改正を受けて)
【テーマ】
 安衛法における情報伝達
  • <講師>
     厚生労働省、県労働局
  • <内容概要
    • 安衛法とは
    • 安衛法における情報伝達について(省令改正を受けて)
※プログラムは予告なく変更になる場合があります。予めご了承願います。
 
▲このページの先頭へ