「種の保存法」が改正されました

平成30年7月10日

中国経済産業局 地域経済部

参事官(ものづくり産業担当)

「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(「種の保存法」)」 が平成29年6月2日に改正され、平成30年6月1日に施行されたことにより、象牙事業については届出制が登録制に変わりました。これにより、象牙製品等(全形を保持していないカットピース(分割牙)及びその加工品を示す。種の保存法第12条第1項第4号で規定される「特別特定器官等」を示す。)の取引(有償、無償を問わない。)を事業として行う方(個人事業主又は法人)は、「種の保存法」に基づき、特別国際種事業者としての登録が必要です。

【お問合せ先】

中国経済産業局 地域経済部

参事官(ものづくり産業担当)

電話:082-577-7761

FAX:082-224-5765